― 知恵のことば― 


               

 

箴言2:6 「主が知恵を与え、御口を通して知識と英知を与えられるからだ。」

ダニエルは捕囚の民として正規の学校教育を受けていませんでしたが、少年時代から知識と、あらゆる文学を悟る力と知恵を神様から与えられ、すべての幻と夢をも解くことができ、知恵と悟りのあらゆる面で、国中のどんな呪法師、呪文師よりも十倍もまさっていました。本当の知恵とは学校で学ぶ教育的知識ではなく、聖霊様が臨まれたとき賜物として与えられる能力です。ダニエルの知恵の秘訣は王様の食べるごちそうやぶどう酒で身を汚すまいと心定めていた、固い決意と献身です。単に野菜だけを食べれば誰でも頭が良くなるのではなく、大切なのは御言葉に従った信仰生活です。今の時代も私たちの身を汚すこの世の王様の食べるごちそうやぶどう酒が多くあります。それは世の娯楽や遊興、酩酊、淫乱、好色、偶像崇拝などです。罪は人を汚し、愚か者にします。親が子供に本当の英才教育を与えたいならば、多くの塾通いではなく聖書の御言葉を学ばせ、罪で身を汚さないよう養育することが大切です。もし不品行や愚かな内容のテレビ番組ばかり見せていると、そのテレビは馬鹿の箱です。脳みそが溶けて愚か者になってしまいます。一方、罪を遠ざけ、頭が清いと聡明な優れたアイディアが数多く浮かび、実践者は成功できます。ソロモンは神の国と義を第一に求め、王様になった時まず第一に礼拝を捧げました。ギブオンで一千頭の全焼のいけにえを捧げた盛大な礼拝の後、夜に主が夢で現われて下さり、仰せられました。「あなたに何を与えようか。願え。」ソロモンは答えました。「善悪を判断してあなたの民をさばくために聞き分ける心をしもべに与えてください。」神様の選民イスラエルを正しくさばくことは神様の仕事を忠実に成し遂げることです。今も神様の仕事の繁栄を常日頃心に留めて第一に求める人は神様が栄えさせます。ソロモンは自分のために長寿も富も敵のいのちをも求めず、むしろ、自分のために正しい訴えを聞き分ける判断力を求めましたので、神様は喜ばれ、知恵の心と判断する心ばかりか、求めなかった富と誉れも加えて与えられました。ソロモンはさっそくこの日、神様から戴いた賜物の知恵を用いて複雑な民事訴訟を見事に解決しました。遊女二人が同じ部屋に住んでいて1人の母親が自分の子供の上に誤って伏せて寝てしまい死亡させましたが、その母親は生きている子供を持つ母親の子供と死んだ自分の子供を夜間にすり替えたというのです。法廷でおのおのが「生きている子供が自分の子供、死んだ子供があなたの子供」と主張する中、他に証人もなくDNA鑑定も出来ないこの時代、ソロモンは優れた裁定を行いました。「剣をここに持って来なさい!生きている子供を二つに断ち切り、半分をこちらに、半分をそちらに与えなさい!」なんと公平でえらく頭のいいソロモン王様でしょうか!母親双方が欲しがる1人の子供を正確に半分ずつ真中から平等に分けるとは!こうして事態は一件落着しました。あ、違いましたね。その時です。本当の生きている子供の母親は、自分の子を哀れに思って胸が熱くなり、王に申し立てました。「わが君。どうか、その生きている子をあの女にあげてください。決してその子を殺さないでください。」一方、もう1人の母親は「それを私のものにも、あなたのものにもしないで、断ち切ってください」ソロモン王はここで始めて本当の審判を下しました。「生きている子供を初めの女に与えなさい。決してその子を殺してはならない。彼女がその子の母親なのだ。」ハレルヤ。神様の知恵がソロモン王をこのような優れた英知ある裁き司として立て上げ、イスラエル国中で名声が高められました。ソロモンがその後、この同じ賜物の知恵を軍事に用いるとイスラエルは隣国との間、争い無き平和な時代となり、軍事力も最強に強められ、この同じ賜物を貿易に用いると栄華を極めた大富豪となり、さるやクジャクや世界中の珍しい宝物が流れ込み、年間666タラントもの金が入り、銀さえ価値あるものとはみなされず、杉の木は低地のいちじく桑の木のように大量に用いて壮大な王宮と神殿を見事に建築しました。世界中の知者たちがソロモンの謁見を求めて財宝を手に集まり、シェバの女王はソロモンの知恵と宮殿と料理と列席の家来たち従者たちの態度に服装、礼拝のスケールすべてに圧倒され、息も止まるばかりでした。これら極められた栄華の目的とは、将来あなたが戴く天国がどんなに偉大で美しく英知に富んだ場所であるかを事前に地上で啓示され希望を持たせるためです。さらにこの時代イスラエルの唯一の神様信仰はソロモンが海に持つ各種の船団により全世界に貿易風とともに宣べ伝えられました。ハレルヤ!イエス様は「ある人には御霊によって知恵の言葉を与えておられます。」次代の霊的ソロモンはあなたかもしれません。神様を誰より何より第一に愛して熱心に礼拝を捧げてください。ある人には聖霊様の賜物としてソロモン同様の繁栄の基である知恵の言葉が与えられます。

今週、北海道の足寄と標茶で礼拝を導いて帰ってきましたが、帰りに聖徒の皆様からデスクトップのパソコン一式と自家菜園のかぼちゃ二箱分を戴きました。また、他の聖徒からお米一袋を戴きました。有難くて嬉しくてたまりません。地方への宣教は時々捧げ物が面白いです。以前、新潟の教会で御奉仕させていただいた帰宅時にも地元の教会のおばあさんから有難いおにぎりの包みを戴きましたが、帰途の車内で開いてびっくり!どこでも見たことが無いくらい巨大でした。さすが米所、新潟。畑仕事をされる昔の男性は本当に多くお米を食べたのだなあと思いました。今回は北海道、何よりその神様にお捧げする純粋で美しい心に感動です。以前、中国へ聖書を密輸成功したあの時のあまりの重さにカバンのひもが税関手前でちぎれたことなどを思い返しながら、いざ釧路空港!持参のカバンを含めて2人で計測70キロ、40キロの重量オーバー。20キロのカバンを機内持ち込みに変更して、10キロオーバーを容認されて、それでも残りあと10キロオーバー超過料金は5000円!かぼちゃを沢山運ぶのに空輸で5000円!私は頭の中で瞬時に計算しました。「あと10キロ減らすのにかぼちゃは一個何キロだろう。さすがに空港カウンターでかぼちゃを取り出して一個一個10キロ減量まで計るのは恥ずかしいだろうなあ。一個ずつポケットに入れようか。いや、入らない。半分に切ったらどうだろう。あるいは…まさか心からの捧げ物は捨てられない。」そのとき、私の家内が計測台にすっと手を伸ばし「簡単!これを除けばいい。」とか言いながら預け荷物からお米を取り出し機内持ち込みの手荷物カバンに加えました。するとぴったり40キロ!空輸クリアー。確かにお米の袋にはちゃんと10キロと書いてありました。私の家内はなんと知恵があって頭がいいのだ。大そう感心して誉めてあげました。「あなたは私よりもっと頭がいい。」しかし翌日、自宅でニュースのガソリン価格高騰を聞きながら家内はふっと言いました。「これからもっとあがるかもしれないから、今のうちに沢山沢山買って保存したらどうだろう。」家内の幼稚園生のような単純発言に私は目が点になりました。「それは危ないし、くさいし、危険物取り扱い免許もないよ、何よりどこに大量ガソリンを保存するの。タンクもないよ。」私は内心私のほうがもう少し頭がいいなあと思い家内をかわいく愛おしく思いました。でも本当は2人とも少しずつ足りないので補う為、知恵の言葉が必要なのです。NIV訳聖書では「知恵の言葉」を「the message of wisdom」コリント第一128と書いています。「知恵のメッセージ」です。説教者や伝道者は誰でもこの賜物が必要です。恵み深い知恵のメッセージは聖霊様から下ります。聖霊様が私達の足りない伝道の言葉を補って理解できる有益な知恵ある命のことばに変えてくださいます。神の聖霊様を持つ人ヨセフは知恵深く7年間の豊作期間には贅沢を回避してひたすらたくわえ続け、後の7年間の大飢饉の艱難時代には高値で世界に大放出して大儲けしながらも人々に感謝され、事実世界の人々を餓死から救い出しました。国務総理ヨセフの奇跡的な出世と繁栄は確かな神様の知恵に支えられていました。私達も神様の知恵さえあれば同じ収入と同じ環境でも、もっと無駄なく豊かで幸せに生きられます。出世の秘訣も聖霊充満とそこから戴く神様の知恵です。