JESUS
 
    → 主日のメッセージ
 





生けにえのためのたきぎ(イサクの神様)
 

創世記22:1 これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、「アブラハムよ。」と呼びかけられると、彼は、「はい。ここにおります。」と答えた。
神は仰せられた。「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。」翌朝早く、アブラハムはろばに鞍をつけ、ふたりの若い者と息子イサクとをいっしょに連れて行った。彼は全焼のいけにえのためのたきぎを割った。こうして彼は、神がお告げになった場所へ出かけて行った。三日目に、アブラハムが目を上げると、その場所がはるかかなたに見えた。それでアブラハムは若い者たちに、「あなたがたは、ろばといっしょに、ここに残っていなさい。私と子どもとはあそこに行き、礼拝をして、あなたがたのところに戻って来る。」と言った。 アブラハムは全焼のいけにえのためのたきぎを取り、それをその子イサクに負わせ、火と刀とを自分の手に取り、ふたりはいっしょに進んで行った。イサクは父アブラハムに話しかけて言った。「お父さん。」すると彼は、「何だ。イサク。」と答えた。イサクは尋ねた。「火とたきぎはありますが、全焼のいけにえのための羊は、どこにあるのですか。」アブラハムは答えた。「イサク。神ご自身が全焼のいけにえの羊を備えてくださるのだ。」こうしてふたりはいっしょに歩き続けた。ふたりは神がアブラハムに告げられた場所に着き、アブラハムはその所に祭壇を築いた。そうしてたきぎを並べ、自分の子イサクを縛り、祭壇の上のたきぎの上に置いた。 アブラハムは手を伸ばし、刀を取って自分の子をほふろうとした。 そのとき、主の使いが天から彼を呼び、「アブラハム。アブラハム。」と仰せられた。彼は答えた。「はい。ここにおります。」
御使いは仰せられた。「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」アブラハムが目を上げて見ると、見よ、角をやぶに引っかけている一頭の雄羊がいた。アブラハムは行って、その雄羊を取り、それを自分の子の代わりに、全焼のいけにえとしてささげた。
22:14 そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、「主の山の上には備えがある。」と言い伝えられている。

 イサクは大変従順な人で、その従順さは実に全焼のいけにえの死に至るまで父親に従うほどでした。イサクはモリヤの山に自分で自らの処刑道具となる全焼のいけにえのための重いたきぎという枝が切り払われた重い木を背負って一歩また一歩と進み行きました。丁度、イエス様がカルバリの山まで御自身が自らの処刑道具となる枝が切り払われた重い十字架の木を背負って一歩また一歩と進み行かれたようにです。イサクは祭壇上のたきぎの上に縛られて置かれた時、自らの死を覚悟しました。父アブラハムも大変従順な人として主の命令に従い、手を伸ばし、刀を取って愛するイサクをほふろうとしました。その時、主はアブラハムを呼ばれ、イサクに手を下すことを禁じ、そのひとり子さえ惜しまずに神様に捧げたアブラハムの従順な信仰を認めて祝福を宣言されたのです。

「これは主の御告げである。わたしは自分にかけて誓う。あなたが、このことをなし、あなたの子、あなたのひとり子を惜しまなかったから、わたしは確かにあなたを大いに祝福し、あなたの子孫を、空の星、海辺の砂のように数多く増し加えよう。そしてあなたの子孫は、その敵の門を勝ち取るであろう。あなたの子孫によって、地の全ての国々は祝福を受けるようになる。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」(創二二・一六〜一八)。祭壇上のたきぎの上にはイサクの代わりに主が準備されたいけにえである角をやぶに引っかけていた一頭の雄羊が捧げられました。ここで信仰の父アブラハムは愛するひとり子を惜しまないで捧げたことから、ひとり子イエス様を惜しまないで捧げられた父なる神様を象徴的に現わしています。そしてイサクは一度死を覚悟し、従順に祭壇にあげられた人です。彼は、ここで一度捨てたはずの命を再び自分のものとして勝ち取ったのです。まさにイエス様の死の体験からの復活のようです。さらにここでイサクをほふって焼くために父アブラハムが準備していた火と刀(創二二・六)にも象徴的な意味がありました。火はイエス様が十字架の祭壇上「私は渇く。」と叫ばれた全焼のいけにえの体験に必要な聖霊様の火であり、イサクを殺すための道具である鉄製の刀はイエス様を殺すための道具である鉄製の太くさびた釘の象徴です。またもう一ついけにえを捧げるときの必需品にイサクが祭壇上のたきぎの上からずり落ちたりしないよう縛って固定するロープがありました。「ふたりは神がアブラハムに告げられた場所に着き、アブラハムはその所に祭壇を築いた。そうしてたきぎを並べ、自分の子イサクを縛り、祭壇の上のたきぎの上に置いた。」(創二二・九)。ここに奥義があります。イエス様にも同様の縛って固定するロープが十字架という木の上で巻かれていました。詩篇三四・二十では約束の救い主の十字架について「主は、彼の骨をことごとく守り、その一つさえ、砕かれることはない。」と預言されており、その成就としてユダヤ人たちがおおいなる日の安息日に死体を十字架の上に残しておきたくなかったため早死にさせようと、十字架の両サイドにいた強盗人たちのすねの骨を折る処置をとりましたが、真中のイエス様はすでに死んでおられたためすねの骨を折らずに下ろされました。(ヨハネ一九・三六)。   通常、十字架刑になるほどの重罪人は狂暴な性質を持ち、十字架の上でも暴れるため自らの力と体重で釘打たれた手のひらが裂けて外れてしまうのを防ぐ為、手のひらではなく手首に釘が骨もろとも打ち込まれていました。ところがイエス様の場合は十字架を直前にしながらも、暴れて抵抗する他の死刑囚たちとは全く異なり、ほふられる小羊のようにやさしく従順な御性質だったのをローマ兵はみこしてそうしたのか、 手首ではなく直接手のひらに釘が打たれたのです。その証拠に復活されたイエス様の福音を疑うトマスは十字架の目撃者として「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません。」と告白し、八日後に現われてくださったイエス様ご自身も

「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」(ヨハネ二十・二五、二七)。と言われ、すでに釘打たれた傷跡を持つ手首ではなく手を見なさいと言われたのです。ですから手のひらに釘を直接打たれたイエス様の場合、うでからの太い通常砕かれてあまりある大きな骨がある手首と異なり、指へ広がる五本に分かれた細い骨をもつ手のひらだったため釘が貫通した際にも骨と骨の間を釘打たれ、「その骨がひとつも砕かれない。」という十字架の預言がここでもみごとにクリアできたのです。そして手のひらに釘打たれたがために、イエス様の体重の重みで手の肉が裂けてずり落ちないよう補強する処置としてイエス様の両うでと平行する十字架の横木の間にはローマ兵によってロープがしっかりと縛り付けられていたのです。このような理由からイサクをほふる時、祭壇上のたきぎの上に縛って固定していたロープとはイエス様においても同じ目的で使われて「イサクを縛り、祭壇の上のたきぎの上に置いた。」という象徴的に意味のある預言が十字架上のイエス様にて成就したのです。

この日、祭壇上死を決意し、ただ一度で砕かれて従順が完成されたイサクは、その後の生涯を死者の復活のように取り返し、主の復活の栄光がイサクをおおい、妻リベカに恵まれ、種をまくとその年に百倍もの収穫を見るという祝福を受け、ますます栄えて非常に裕福になったのです。

 更にまた、モリヤの山で角をやぶという雑木に引っかけたためわずかしか動けずに、捕らえられてイサクの身代わりとなって祭壇上にほふられた罪なき雄羊もイエス様を象徴しています。罪なきイエス様は私たち人間の身代わりに捕らえられて、十字架という荒削りの雑木に釘づけられ、わずかしか動けないまま神様の小羊として血潮を流してほふられたからです。その時、聖なるイエス様の御頭には雄羊の頭を悩ませた取り巻きついてどうしても離れないやぶのような価値のないわずらわしい植物、いばらの冠が押さえつけられていました。しかし、雄羊の手足が真っ直ぐ地面に下りていて、ひざをかがめる位はできても、どうやっても自分の頭までは手が届かず、かゆい頭を前足でかけないように十字架のイエス様の場合もひざをかがめる位はできても、御手が十字架の木に釘打たれていたためご自身の御頭に取り巻きつくやぶのようなわずらわしい植物いばらを取り除くことはできなかったのです。




 
Copyright(c) 2004.
ALL RIGHTS RESERVED BY 純福音立川教会