−豊かな人生のための四つの法則−

ビル・ブライト 著       part1

自然の世界にいろいろな法則があるように、神と人との間にも次のような法則があります。

神は、あなたを愛しておられ、あなたの人生にすばらしい計画をお持ちです。

神の愛:

神は、実に、そのひとり子〔キリスト〕をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子〔キリスト〕を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネの福音書3:16)

神の計画:

キリストは、「わたしが来たのは、羊〔あなた〕がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」と言われました。(充実した意義深い人生)(ヨハネの福音書10:10)

 

それなのに…なぜ、人々はこの豊かな人生を自分のものにしていないのでしょうか?

人は罪を犯して、神から離れてしまったので、神の愛と計画とを知ることも、体験することもできないのです。

人には罪があります。

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができない。」             (ローマ人への手紙3:23)

人は本来、神と交わりのできるものとして創造されましたが、神の命令にそむいて、自分勝手な道を進みました。それで、神との交わりが断たれたのです。意識的な反抗とか、消極的な無関心などにあらわれるこの自己中心が聖書のいう罪です。

人は、神から断絶されています。

罪から来る報酬は死(神との交わりの断絶)です。 (ローマ人への手紙6:23)

この図は、聖い神と罪ある人間との関係を描いたものです。越すことのできないギャップが両者をへだてています。矢印は、聖い神や豊かな人生を求め続ける人間の努力−善行・哲学・宗教等−を表わしています。

次の第三の法則は、このギャップを橋わたしする唯一の道について説明しています…。