五重の福音part1


この純福音の基層になるのが「五重の福音」である。「五重の福音」とは、新生の福音、聖霊充満の福音、癒しの福音、祝福の福音、再臨の福音をいうが、これは聖書の主要な五つの主題でもある。この五つの主題はキリスト教信仰の始めと過程と結果について扱っており、結局信仰生活の全過程を説明している核心主題になるのである。

下記の5つに分類することが出来る

I.新生の福音

U 聖霊充満の福音

III. 癒しの福音

W 祝福の福音

V. 再臨の福音

 

I. 新生の福音

五重福音の基礎は新生(Regeneration)の福音である。新生とは救いの前提条件である(ヨハネ3:3)。それ故に、新生の福音は救いの福音とも言えるのである。五重福音の基礎になる新生の福音を正しく理解するためにはまず人間とは何かを知るべきである。

1. 新生への道 人間が罪と刑罰とサタンの力から自由を得、解放されるためには救いが必要である。人間はアダムにより罪に定められ(ローマ5:16)、みな罪人になったので、自らは神様の栄光に至ることができないのである(ローマ3:23)。 神様は人間が罪を犯し、堕落した直後に救いを予示なさった。

「私は、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく」 (創3:15

この御言葉で、女の子孫とはイエス・キリストを示す言葉として、その後預言者たちの預言を通して、啓示されている。 イエス・キリストは預言された言葉通り、自分をすべての民を救うための贖罪物にされた。イエス・キリストの十字架の苦難と死を通しての救いは、次の四つの意味を示唆している。 第一、 十字架の苦難と死は、人間の罪の結果が何かを見せてくれる(イザヤ53:5) 第二、 人間に対する神の愛の大きさを見せてくれる(ローマ5:8) 第三、 一人の人間の価値の大きさを見せてくれる(マタイ16:26) 第四、 赦しの代価が何かを見せてくれる(イザヤ53:6)

 

2. 新生の方法

新生に至る二つの条件は正に悔い改めと信仰である。悔い改めと信仰は、同時に起きる一つの事件の両面である。 救いに至る条件のひとつは、悔い改めである。バプテスマのヨハネが叫んだ最初の一言が「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」(マタイ3:2)であって、イスラエルの民に対するイエスの最初の一言も「悔い改めて福音を信じなさい」(マルコ1:15)であった。また聖霊降臨の後、使徒ペテロも「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただきなさい」(使徒2:38,3:19)と叫んだ。 救いに至るもう一つの条件は信仰である。パウロはピリピの牢の看守に「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」(使徒16:31)と宣べ伝えた。この救いの信仰は、神様の誠実な約束の言葉に対する私たちの信仰の上に神様の信仰が与えられたときに可能になる。ところでイエス・キリストを自分の救い主として確実に信じる信仰は、聖霊によるのでなければ得ることができない(Tコリント12:3)

 

3. 新生の結果

罪を悟り悔い改め、イエス様を救い主として受け入れるなら、どのような結果に至るか? 第1、 御霊が私たちのうちに住まれるようになる(ローマ8:11)。 第2、 罪と死の原理から解放される(ローマ8:1,2)。 第3、 神の子どもとされる特権が与えられる(ヨハネ1:12)。 第4、 神様が計画したすばらしい祝福が与えられる(Vヨハネ1:2)