衣類


    

                                                血に染む長服

ある時私は風呂場でこれを実験しました。同量のお湯の入ったペットボトルを左右の手に一本ずつ持ち上げ、逆さにして手首のあたりから前向きに両手を高くあげて静かに注いでみました。すると、お湯は両手首から流れ落ち、腕を伝って首より下、胸元で合流して、体の前面中心にぬらしながら、足下へおちていきました。実際に行なってみてそこで悟りが来ました。十字架上、イエス様の背中から下は、むちで血潮にまみれ、側面のわきから下は長いむちの先端とローマ兵の槍で血潮にまみれ、前面は、おおよそこの両手から伝って流れ落ちた御手の釘打ちによる血潮で覆われたのだということを、すなわちイエス様の御体は前も横も後ろも全身血潮にまみれて特に前面を覆う流れ、ちょうどそれは長そでの付いた赤い長服のように、手元から始まりからだの全面を覆い隠していたのです。続いて悟りが来ました。

「ああ、そういえば創世記37:3では、父ヤコブは一番愛する実の子ヨセフにだけ、長そで付きの長服を作って与えていたのだ。ヨセフもイエス様のひな型なのだ。」イエス様の血潮にまみれた全身を覆う長そで付きの赤い長服、これは確かに父ヤコブが最愛の子ヨセフにだけ長そで付きの長服を特別に作り与えたように父なる神様が最も愛されたお方はイエス様であるという血潮の伴った生きた証しであったのです。ヨセフの生涯の中にもイエス様のひな型がはっきり見られます。父ヤコブに一番愛されたヨセフは十七才の時、兄弟たちからねたまれたあげく穴に落とされイシュマエル人へ銀貨二十枚で奴隷として売り飛ばされた人です。その時、兄弟たちは、この様な罪悪を隠すためにヨセフの長服を取り、雄山羊をほふって、その血に長服を浸してこれを証拠に父ヤコブの所へ持って行き、野の獣にかみ殺されたかのように工作し、父ヤコブをだまし、彼らの中で生きたヨセフを死人のように葬り去ったのでした。事実その後の十三年間、祖国を離れ、全てを失ったヨセフにとってエジプトの体験はまさに、死の連続でした。しかし、主が試練の只中、ヨセフと共におられたため、彼は幸運な人として栄え、数々の絶望的死の体験を通りながらも耐え忍び、後には三十才にして当時の世界最大の王国エジプト全体を治める国務総理大臣にまで高められ、名声を博したのです。

 それから九年後、世界的大飢饉の年月にエジプトの穀物を求めて訪れたのが、かつてヨセフを害したその兄弟たちでした。彼らに対してヨセフはすでに十分、復讐する権威も能力もありましたが、むしろ赦しを宣言し、国賓として一族を招き入れ、エジプトの最良の地と土地の最も良いものを与えて祝福し、一族を救うものとなったのです。その心は数々の試練を通して磨き上げられた、まさにイエス様の偉大な愛と赦しの心を体得したものでした。

 父なる神様に愛された御子イエス様は同胞の同国人に妬まれ、弟子のユダにも、裏切られ、銀三十枚で、奴隷の値を付けて、祭司長に売り飛ばされ、十字架へ釘打たれた救い主です。もし、イエス様がその時祈り求めれば、天国の力ある十二軍団よりも多くの御使いたちを呼び求めて迫害者を根こそぎ滅ぼす権威も能力も十分ありましたが、イエス様はあがないの犠牲を覚格し、自分を殺す者のためにとりなしをされたのです。

「父よ。彼らをお赦し下さい。彼らは何をしているのか自分で分からないのです。」(ルカ二三・三四)

 かつてヨセフの場合、兄弟たちは長服に雄山羊の血を浸して、これを証拠に父ヤコブをだまし、息子ヨセフの死を思わせていましたが、イエス様の両手から流れ出る血潮は父なる神様の御前、血に染む赤い長服として、ひとり子の本当の死を告げる現実の証拠でありました。さらに「彼らは足かせで、ヨセフの足を悩まし、ヨセフは鉄のかせの中にはいった。」(詩一〇五・一八)。

 エジプトでヨセフの自由を奪い、獄中にその足をとどめたものとは鉄のかせでした。

イエス様を十字架にとどめ、自由を奪い、その御足を悩ませたもの、それは足に打ち込まれた鉄の釘だったのです。そして、一度殺されたはずのヨセフがエジプトにおける繁栄により公に生き返ったように、イエス様は三日目に本当の死のさまより、よみがえり、復活の主として天国の王位を確立され、十字架を通して今も、私たちの赦しを宣言し、神様の家族として最も良い土地である豊かな天国を相続させようと国賓的待遇で御手を広げて招いておられる愛と赦しに富む現実の救い主なのです。

 ヨセフが数々の試練を耐え抜き、最終的に栄えに満ちる一族の救いとなれたのには、もう一つの秘密があります。十七才の時、主から受けた夢です。彼の家族が自分を伏し拝み、一番出世するという夢と幻の力が試練のヨセフを支え続け、やがてはそれを成就したのです。私たちも現在、何を心に見据えるかが未来を決定し、心のビジョンは大変重要です。今、心に描く夢と幻に聖霊様が臨まれ、未来への影響・感化を与えるのです。人は夢があればいかにつらい試練の環境にも耐え抜くことができ、夢が生き抜く原動力になります。夢さえあればどんなに年をとっていてもその人はまだ若いのです。夢のない人はたとえ若者であっても、すでに年寄りなのです。聖書を読んで肯定的な夢を心に描き、聖霊様の働きを解き放ちましょう。ヨセフはエジプトのつらい日々にも神様よりの夢、

「やがて自分は兄弟たちと和解し、彼らは私に伏し拝む、繁栄と出世のときは来る。」

このことをかたく信じていたのです。ヨセフはイエス様のひな形です。

そのためイエス様の内にも十字架の苦しみを堪え忍ぶ大きな原動力、夢があったのです。

イエス様が迫害された公生涯、特に痛切なる十字架上で信じて見続けていた夢と幻とは、今は背いて釘打ち続けるが、やがては悟って立ち返る。まだ見ぬ神様の家族・私たちクリスチャンのイエス様を伏し拝む救いと礼拝の姿だったのです。イエス様が十字架上「父よ。彼らをお赦し下さい。」ととりなし祈られたその時、自らを釘打ち、殺すローマ兵と当時の群衆だけでなく、二千年後に生まれてくる私たち一人一人の顔も御心の内にはあったのです。その夢と幻は私たちの救われた、霊と真による心よりの礼拝の姿だったのです。ちょうど救いを受けたヨセフの家族が最終的に一切を見極め悟った上で、へりくだり、感謝の念に満ちて心から頭を下げたよう、強制的なものではない自発的な心からわき上がる感謝と救いの喜び、このゆえに現わされる礼拝。形式や習慣からではない、神様への愛の告白である礼拝。これを主は願われているのです。

私たちにはイエス様の身代わりにより、いただいた赦しと救いのゆえに感謝があります。流されたイエス様の血潮のゆえに父なる神様への愛があります。このことが他の偶像宗教とは異なるキリスト教の神髄なのです。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」(Tヨハネ四・一〇)

 もし、ヨセフの兄弟たちが過去の罪悪を赦してくれたヨセフに対して、いつまでも後ろめたく悔いてばかりいたならば、すでに全てを赦したヨセフにとって喜びとはならなかったでしょう。私たちの場合でも一度悔い改めた後は過去を忘れて新しい霊と新しい心で喜びと感謝の内にイエス様を礼拝することです。イエス様は私たちの罪赦された聖い姿・自由な神様の子供として健康で豊かに聖霊様に満たされた姿・勝利に満ちて天国へ入場する姿・これを夢見て十字架をたえしのばれたからです。

 どんなに偉大な愛と忍耐ある救いの創始者であり、完成者でしょうか。イエス様の血潮により天国の相続者として国賓的待遇で招かれている幸いに答え、心からの感謝礼拝を捧げましょう。イエス・キリストこそ唯一栄光と賛美を受けるにふさわしい血潮に染む長服にそでを通した勇気ある救い主だからです。

 

                      礼服

 イエス様は天の御国を王子のために結婚の披露宴を設けた王にたとえて話されました。(マタイ二二・一二)。王は父なる神様、王子はイエス様です。神様の御旨は、初めに福音がユダヤ人に受け入れられ、それから全世界の異邦人へ語られるものでした。(マタイ一五・二七、使徒二八・二八)。ところが、全てが完全に準備された宴会のような天国の招きに対して、ユダヤ人たちはこれを拒み、気にもかけずにある者は畑へ、別の者は商売に出て行き、更にひどい者たちは王のしもべたちである人々を天国へ招くよう遣わされた預言者たちを殺しました。中でも最大の殉教者はイエス様です。そのため王である父なる神様は怒って兵隊を出してその人殺しどもを滅ぼし、反逆の町イスラエルを焼き払ったのです。キリストの十字架以降AD七十年に起きたローマ軍による滅亡です。生き残ったユダヤ人は世界へ散らされました。それゆえ王は僕に命じて全世界という大通りに出ていって、出会った異邦人を皆、代わりの客として天国という宴会場へ招くようにしました。こうして約二千年かかって宴会場は善い人も悪い人も関係なくいっぱいになりました。そこで王が客を見ようとして入ってくると、そこに王家の結婚披露宴なのに礼服を着ていない無礼な者が一人まじっていました。彼はいつもの普段着を着ていたのでしょうか。あるいは、自分の考えで一番良いと思う礼服以外の立派な服を着ていたのでしょうか。全くのボロをまとっていたでしょうか。いずれにせよ礼服ではなかったのです。そこで王は彼に向かって質問しました。

「あなたはどうして礼服を着ないでここに入ってきたのですか。」

しかし彼は黙っていたのです。そこで王はしもべたちに命じて、いきどおりの宣告を下します。「あれの手足を縛って外の暗闇に放り出せ。そこで泣いて歯ぎしりするのだ。」 イエス様はこのたとえ話により教訓されました。王の宴会のような賛美と喜びと栄えに満ちた天国に入るには礼服が絶対必要だということです。天国入場資格は異邦人であっても大丈夫です。頭の善し悪しも関係ありません。人間的な良い行いにもよりません。ただ、老若男女、貴賤貧富、一切関係なく誰でも礼服さえ着ればそれでいいのです。紳士なる神様の御前、結婚披露宴には必ず礼服着用義務があります。普段着では追い出されます。天国は、何もせず死んだら誰でもそのまま無条件に入れる所でもありません。自分の考えで上等だと思う服でも、礼服でなければそれは披露宴には不適です。天国は自分の考えによる善行や、倫理、道徳、宗教、哲学等によっても入れません。礼服以外は皆異端です。ましてや、罪の汚れと呪われた貧困意識いっぱいのボロをまとって入れるところでもありません。ただ信じて着るだけでその人の意識を変えて立派に見せる礼服があるのです。それがイエス様の十字架の血潮の衣なのです。イエス様の血潮信仰が天国への入場資格なのです。将来私たちが天国の都に着くと、天国の都には巨大な門があって門衛に力ある大きな天使が立っているのを見ます。そこで必ず小羊イエス様のいのちの書に名前があるか否かを確認されるのです。

 イエス様の血潮で洗われて救われた私たちは礼服を着て披露宴に入る者のように誰でも都に入れますが、イエス様の血潮信仰を受けていない人は、いのちの書に名前がないため、礼服を着ない者のように外の暗闇に追放されてしまい、そこで泣いて歯ぎしりすることになるのです。黙示録七章十四節にはこれから将来起こることとして終末の七年間の大きな患難を逃れて天国へ移されたクリスチャンについて、彼らは「その衣を小羊の血で洗って白くしたのです。だから彼らは神の御座の前にいる。」と預言されています。