ヒーリング


               

                  心を癒すアガぺの愛

  イエス様は、私たちの心を癒してくださいます。ストレスの多い現代社会、肉体の病の60から80%はストレスが原因です。心の癒しが必要です。

  人間は誰でも外面に見える風貌「外なる人」を持つように「内なる人」をも持っています。外なる人が、がっちりと強そうに見えても、内なる人が案外弱い人もあり、外なる人が弱々しく見えても内なる人が心底強い人もあります。人は人生の試練にぶつかり問題が起きるとその人の本当の姿、内なる人が見えてきます。そんな意味でもこの内なる人こそ本当の自分自身ということができます。聖書はこれについて

「どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により力を持って、あなた方の内なる人を強くして下さいますように。」(エペソ三・一六)。とあります。

人は誰でも無意識のうちに心の奥底にあって働く自我意識の活動、すなわち潜在意識があり、今日の実生活に良かれ悪しかれ影響を与えて生きています。もしも、この内なる人が傷つき病んで血を流して倒れていたらどうなることでしょう。たとえどんなに優れた豊かさの中にあっても、その人は最も不幸な人生の旅人となってしまいます。

「人の心は病苦をも忍ぶ。しかし、ひしがれた心に誰が耐えるだろうか。」(箴一八・一四)。内なる人の病は肉体の病以上に深刻です。ルカ十章三三節では強盗どもに襲われて倒れている旅人に対してよきサマリヤ人が応急処置の薬に旅人の傷口にオリーブ油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして自分の家畜に乗せて宿屋に連れて行きましたが、イエス様は悪霊どもに襲われて人生の旅路に倒れていた私たちを哀れんでよき隣人となって心の傷口に聖霊様の油注ぎと喜びある血潮の福音そして結びの帯として完全な愛で包み、宿屋なる教会へと導いてくださいました。その真実な犠牲の伴なった愛こそが私たちの心を癒すアガぺの愛なのです。

 新約聖書を調べると、聖霊様を受ける前のペテロは内なる人に大きな傷を受けた人でした。それは、愛するイエス様を大胆に三回も裏切ったことによる深い心の痛みによるものでした。

「あなたは今日今夜鶏が二度なく前に私を知らないと三度言います。」(マルコ一四・三〇)。

事前にそうならないようにと警告の伴ったイエス様の預言がみごとに成就しました。その夜ペテロは大祭司の庭の中、役人たちと一緒に座って焚き火に当たりつつ、イエス様を知らないと一度目裏切りを告白し、出口の所でもイエス様を知らないと二度目の裏切りを告白し、三度目はエスカレートして漁師たちの使う呪いの誓いをしながらイエス様を知らないと完全な裏切りを不信仰告白すると、その時すぐに通常昼間鳴くはずの鶏の声が珍しく夜中に二回続いて鳴り響いたのでした。「コッケコッコ―、コッケコッコ―」その瞬間ペテロはイエス様の預言の御言葉を思い出して、我に返り、本当に悲しくなって激しく泣きだしたのです。この日からペテロは鶏ノイローゼになったことでしょう。鶏はペテロにとって裏切りの象徴となりました。朝ごとに明るくなるとちっぽけな鶏の目覚ましの声「コッケコッコ―」にドキッと大きく驚かされ、心臓の高鳴りを覚えつつ、お目覚め悪く一日うつろ、漁に出て行き祝福されず不漁に疲れ果てて帰宅した夕方には食卓にのぼった奥さん特製のチキンを前にため息ついて考え込み落ち込むペテロ。「ああ、私はこの鶏の二度鳴くまでに三度もイエス様を裏切り、十字架に追いやってしまったのだ。…」そんな惨めな思いに日々悩まされる憂うつなペテロに対して愛と赦しの神イエス様は彼を癒そうと、復活後のある朝、テベリヤ湖畔にたたれました。ペテロは復活の主を発見し、喜びのあまり頭が回ってしまい、なぜか上着をまとってわざわざ重く泳ぎにくい状態になってから湖に飛び込んで百メートル自由型全力遊泳して、陸地にはい上がると、そこに炭火とその上に乗せた魚とパンを発見しました。他の弟子たちは冷静にとれた魚をしっかり船に乗せたまま楽に漕いで湖畔まで到着しました。そこでイエス様の準備された魚とパンは夜通し働いた空腹な弟子たちを癒す大きな慰めでした。今日もイエス様が臨まれる時、過ちを犯す私たちにムチで打って厳しい刑罰で懲らしめてから心を変えさせるよりもむしろ、まず恵みを与えて豊かに食べさせ飲ませて喜びと祝福で心いっぱい満たしてくださってから自らの過ちを自然のうちに悟らせて心を変えさせることが多くあります。これは心理学的にも人を更正させるのに、最も良い治療法です。私たちもイエス様に習って子供たちや愛する人を更正させるのにムチ打つよりまず、愛して受け入れ祝福で満たしてあげてから心を開かせて悟らせるのが最も効果的です。

朝食をすっかり済ませて満腹で心地よくなったご機嫌のペテロにイエス様は暖かく質問されました。

「ヨハネの子シモン、あなたはこの人たち以上に、私を神様のアガペの愛で愛しますか。」

ペテロは難なく一度目答えました。

「はい。主よ、私があなたをフィレオの愛でお友達として愛することはあなたがご存じです。」

イエス様は言われました。

「私の小羊を飼いなさい。」

 その後、ほどなく再びイエス様は同じ質問をされました。

「ヨハネの子シモン、あなたは私を神様のアガペの愛で愛しますか。」

「ペテロは自分の耳を疑いました。あれ?さっきもイエス様は同じ質問をされたのでは…」

そう心に思いながらも素直なペテロは答えました。

「はい主よ、私があなたをフィレオの愛でお友達として愛することはあなたがご存じです。」

イエス様は言われました。

「私の羊を牧しなさい。」

 その後、イエス様から再び第三回目の同じ質問が悟りなきペテロにあわせて臨みました。

「ヨハネの子シモン、あなたは私をフィレオの愛でお友達として愛しますか。」

 ペテロはここで三度の同じ質問にさすがに気がついて「私はイエス様からそんなに信用されていないのか、あるいはこれはいじめなのか…」などと心につぶやきながら小さい心を痛めつつ告白しました。

「主よ、あなたは一切のことをご存じです。あなたは私があなたをフィレオの愛でお友達として愛することを知っておいでになります。」

 ここでなぜイエス様は三度も同じ質問を繰り返しペテロに対してなされたのでしょうか。一度だけでは足りないのでしょうか。なぜ三度も愛の告白を要求されたのでしょうか。それは、かつて大祭司の庭で役人たちと焚き火を囲みつつ三度、イエスを裏切る告白をした病めるペテロの心の傷を完全に癒すためだったのです。三度もイエス様を知らない、知らない、知らない、と告白してすっかり右に曲がってしまったペテロの偽りの口を今度はイエス様を愛する、愛する、愛する、と三度正反対に告白させることにより左にすっかり曲げて正常な位置に戻して癒す為だったのです。イエス様はわざわざペテロの為に裏切りの当時と同じような環境を再現して臨まれたのです。当時、ペテロが悪者の役人たちと焚き火を囲んで恐れながら冷たい雰囲気で座っていたその日の正反対、今度はイエス様の愛する弟子たちと共に焚き火を囲んで暖かい雰囲気でにこにこしながら手にはちゃんとペテロの魚とパンを持たせて座らせ、環境的にも霊的にも夜だったその日の正反対、今度は復活後の朝に癒し主イエス様は臨まれたのです。心の癒しは今日の教会にも重要な課題です。もしイエス様がペテロの引き裂かれた心を放置したままこのように癒されなかったならばその後、初代教会の重要な柱である使徒ペテロは決して誕生しなかったでしょう。しかしペテロは完全に癒されたからこそどんな鶏をも恐れずに強く雄雄しく大胆に説教してリバイバルを導けるように変えられたのです。ペテロは三度目心に痛みを感じつつもイエス様への愛の告白を要求されました。今日も私たちが内なる人の癒しの祈りをするとき始めはむしろ心の痛みが伴うことがあります。内なる傷ついた本当の自分自身を取り扱うことは痛みです。最も触れたくない所へメスを入れるのです。しかしどうしてもこの作業が必要なのです。私たちの心の傷を根本的に癒す力はただ、神様のアガペの無条件の犠牲愛、その生きた証し、十字架で注がれたイエス様の血潮を心の傷口に注ぐしかありません。

 

                     一本の切った枝

 旧約聖書(U列六・六)エリシャの時代のこと。一人の人が材木を倒している時、誤って斧の頭をヨルダン川の水の中に落としてしまった事件があります。その時、預言者エリシャは、その落ちた場所へ一本の切った枝を投げ込むと、神様の奇跡でなんと斧の頭が水の上に浮かんだのです。そこでそれを直接拾い上げて無事回収することができたのです。

 私たちの心は絶えず流れるヨルダン川の流れのようです。そこには日々、喜怒哀楽があり、絶えず変化して川の流れのように動きます。しかし、決してそこに本来あってはならない斧の鋭い頭を沈めておいてはいけません。ペテロの場合イエス様を裏切ったという失敗が心のヨルダン川の中、斧の鋭い頭となって沈んでいたのです。彼が忘れようとして漁に出て行き、そこで活発に活動すればするほどむしろ一緒になって激しく動く斧の頭がもっと鋭い凶器となって内側から傷つけられ、ペテロの心の内側の傷口を増大する悪循環となっていたのです。本来あってはならない斧の頭、これを取り除く奇蹟を起こすにはただ一本の切った枝、すなわちイエス様の十字架の木をその問題の起きた只中、丁度その場所めがけて投げ込まなければなりません。心の傷を受けたその場所にイエス様の十字架の血潮を受けて祈るのです。その時、隠れ沈んでいた本来あってはならない斧の頭が心のヨルダン川に浮かぶ奇蹟が起きて発見してこれを速やかに取り除くことができるのです。イエス様の血潮の力を信じて胸に手を置いて一人祈ってみてください。心のもっと病んでいる問題について祈ってみてください。きっと自分も忘れていたような未清算の罪や呪い、赦していない人等が心のヨルダン川にふっと浮かんできては再発見できるかもしれません。聖霊様の力で奇蹟的に示されて浮かぶ斧の頭はただ告白して取り除くだけで後は楽になれます。

 私たちの現在の人格形成とは一日によらず、年齢相応の年月の中で体験した数々の出来事が大木の年輪のように心に刻まれて、私たちも気付かない潜在意識の深いところから今日に大きな影響を与えているものです。八十歳なら八十年の大きく深い年輪、十歳なら十年の小さくかわいい年輪があり、そこに人や社会から受けた成功や失敗などがすべて良かれ悪しかれ記録の様に刻まれております。

 私の知り合いのある兄弟は心の年輪に憎しみという深い傷が刻まれていました。子供の頃からいつも父親に認められずに育てられ、「おまえはだめな奴だ。どうせ何をしても出来ない。」という否定的な言葉を一方的に受け続けたため、次第に父親に対する反発と憎悪が心の中を支配していました。ある日、兄弟が奥さんと家で祈り会をもっている時。人の罪と義と裁きを明確にする聖霊様の臨在の中で心の奥底に隠されていた憎しみがはっきりと現われ出る体験がありました。普段は本当に穏やかで紳士的な兄弟が突然、苦しみのあまりゆかに転がって暴れだしたのです。奥さんの必死な執り成し祈りのなか意識を失う程の苦しみを受けながらも兄弟は一つの幻を見ていました。なんと赦すことの出来ないほど心底憎いあの父親がはっきりと目の前に現われ、次の瞬間、幻に鋭い出刃包丁が現われたのです。兄弟は子どもの頃から果たせないでいた復讐心に燃え、自らを制御できずにこの包丁を手に取り、無我夢中で幻の父親に襲いかかりズタズタにしてしまったのです。その後、幻からさめ我に帰った兄弟が確認したものは、熱く執り成し祈り続ける奥さんの愛の姿と自分が引き裂いた記憶もないズタズタの新聞紙と手当たり次第に打ち壊された物でした。心の年輪に深く刻まれていた父親への憎悪。啓示された兄弟は信仰で戦い全てを赦し、自らの心の傷の癒しを祈りました。

今、兄弟は過去をすべて証しできるほど完全に癒されて献身し、奥さんと共に賛美に恵まれた立派な教会を開拓しています。ハレルヤ。

 またある兄弟は小学生時代、五年生の頃、愛するお父さんの突然の病死により生涯の大きな心の傷を受けてしまい、そのまま完全に癒されない状態で成人しました。通常は元気で明るく立派な青年なのですが、ある瞬間わけもないのに過去の記憶をたどると無性に寂しさと悲しさが心によぎり落ち込んでしまうことが度々ありました。そんなある日のこと、イエス様に出会い救われて神様のアガペの愛を知るようになったため、彼は自分自身の心の癒しのために一生懸命祈ることを覚えました。人間は1〜3才までに精神発達が完成され、4才では知能が90%形成され、6才には一生涯暮らすための人格が形成されると言われ、7才位までの重要な時期にイエス様の血潮による守りの祈りなく無防備であったならば、他の環境的要因から一生涯悪影響を及ぼすような心の傷を受けてしまうことがあります。例えば、共産主義圏では生後から7才位までの間、特に力を入れて一貫した無神論と理想国家理念の洗脳教育を徹底的に与え続ける為、彼らは成人後も、なかなかその誤った思想から離れなくなります。同様に私たちの場合もどのような悪影響を無抵抗の内に外部から受けているかわかりません。私の場合、子供の時、身近な人から「イエス・キリストが十字架で死ぬとき、血潮が一滴もでなかったんですよ。」と教え込まれた記憶が今でもあります。悪魔は将来、私が救われてこのようにイエス様の血潮の本を書くことを事前に知っていたのでしょうか。いずれにせよ、私たちにはどんなに誤った教育や深い心の傷があっても、癒し主イエス様が共におられます。イエス・キリストは昨日も今日も永久に変わらないお方であるため、昨日の二千年前、巡り歩いて癒しをなされたイエス様と同じく今日も継続して癒しをなされます。日々の生活で心につく今の傷を癒されるイエス様は過去についた古い心の傷も癒してくださいます。

 そこでクリスチャンの兄弟は過去についた心の傷が原因で現在心がむなしくなることを知り、このようにインナ―ヒ―リングの祈りをしました。

「主よ、私が産まれてから一才になるまでの間、一体何があったかは知りませんが、あなたは全てご存知です。あなたを受け入れます。その頃、もし私が誰かから受けた心の傷がありましたら、今、癒して下さい。」

 このようにイエス様の血潮の力によりすがって産まれてから一才までの期間の癒しの祈りを数分間祈り、次に一才から二才までの癒しを同様に数分間と同じ祈りを次々と過去からさかのぼって現在に至るまで祈り始めました。その時、十才から十一才までの期間の癒しを祈り求める兄弟に突然大きな変化が見られました。心の奥底からものすごい深い痛みと悲しみの内に涙が次々と込み上げてきて大声で激しく泣き始めたのです。泣いて泣いてその頃の自分にさかのぼって深い情景のなかを旅する旅人の様に過去について祈り込むと、その後はしだいに平安な心に変えらていきました。後でこれら一切のインナーヒーリングの祈りが終わり、確認してみると最も涙のあふれた十才、実にその時期こそ愛するお父さんとの死別により心に大きな傷を受けたその年だったのです。そしてこの祈りの後はもう落ち込むこともほとんどなくなり、心の深い傷も癒され、過去のことを思い出しても心が痛まなくなったというのです。心の傷が癒された兄弟は今、同じような心の痛み持つ人々を上手に解放して癒す力ある支教会の伝道師になりました。ハレルヤ。

 私自身もこのようなインナーヒーリングの祈りをしたことがあります。私の場合はそのような心の癒しの祈りの必要性を示されるような過去の再現体験があったからです。というのは私がまだ小学校五年生だったころ私の家に泥棒が入り私が第一発見者となりました。夕暮れの頃、カーテンを閉めないで電気をつけたまま茶の間にいると誰もいないはずの隣の座敷の部屋の障子ごしに突然懐中電灯の光が走り、私は一体誰がそこにいるのだろうかと不信に思いながら近づいて戸をバッと開けてみるとびっくり。座敷なのに長靴を履いたうちの家族ではないへんなおじさんが懐中電灯片手に物色中でした。へんなおじさんも私にびっくりしてそのまま何も盗まないで窓から飛び降りて逃げて行きました。私はへんなおじさんだなあと思いながらがそれが泥棒であることを悟り、子供心に恐れがきました。それから時が過ぎ、すっかりすべてを忘れたはずの中学校二年生のときです。夕暮れの頃、私が以前のようにカーテンを閉めないで電気をつけたまま茶の間にいると誰もいないはずの隣の部屋に一筋のせん光が走りました。その瞬間私の脳裏には完全に忘れていたはずのあのいまわしい過去の記憶へんなおじさんがよぎり、恐ろしくなってそろりと家を抜け出し警察を呼びました。すみやかに警察官がパトカーでかっこよく到着し座敷の戸をバッと開きました。しかし開けてびっくり。そこには泥棒が入った形跡もへんなおじさんも全くなく、ただ私がへんなおじさんとなってしまい赤面する私の目から火柱がボーッと出ました。結局駐車する車のヘッドライトが乱反射したものを私が早とちりしたものでしたが、過去に忘れたはずの事件が癒されない私の心の潜在意識の中で悪く働いた結果でもあったのです。このような体験を考えるとやはり過去の内なる人の癒しは絶対必要であると悟らされ、信仰を持ってから実践しました。私のインナーヒーリングの祈りはまずは産まれてから一才になるまでの期間について、数分間胸に手を置いて祈りました。

「主よ。この時期にもし私の受けた傷や罪があったら赦し聖め、イエス様を私がまだ知らなかったこの頃の私を抱きしめ包んで下さい。」

 こうして祈り始め、一才から二才、二才から三才と各数分間ずつ祈り始め、やがて私が五〜六才であった頃の癒しの祈りをしていると本当に私自身が一番驚きました。それまで何も考えなかったのに、突然イエス様の血潮の力が私に臨み、私の口から六才の子供のような声が出て、泣き叫びはじめたのです。

「うわーん。お兄ちゃんにいじめられたー。」

  私は自分自身、非常に慌てふためいて驚きつつもこの時期の心の癒しを熱心に祈りました。それは傷ついていた私の内なる人の叫びが、知識の言葉の賜物により、言葉となって現われたものであって悪霊の叫びではありませんでした。聖書には確かに本当の自分自身である内なる人があると言っています。あなたの隠された内なる人は健全で大丈夫でしょうか。ここで私が個人的に深い感動を覚えた個人的な証しをもう一つさせていただきます。私の妻は母が牧師で兄弟たちも牧師や長老であり、親戚も皆クリスチャンであり、子供のころから早く救われとりなし祈る習慣をもって育った人でした。そんな妻がまだ小さかった頃、韓国でいつものように祈っていると突然六才くらいの見たことのない子供が現われて泣きながら「助けに来てくれー。」と呼びかけている幻がはっきり見えました。しかし当時もその後の人生の中でもその子供と出会うことはないまま成人しました。ちょうど使徒パウロが幻でひとりのマケドニヤ人が「マケドニヤに渡って来て、私たちを助けてください。」と懇願するのを見たような種類の啓示でした。

今、宣教師として来日した妻は確信してこう言います。「あの六才の傷ついて泣いていた子供は、あなただったのね。」神様は時を越え、空間を超え、国境も飛び越えて事前に二人が出会って国際結婚する前からとりなし祈らせてすべてを準備されていたのです。感謝します。

人間の心は例えると机の引き出しのようでもあります。そこに数々の大切なものをしまい込み、あるいは取り出して用いるように人の心も過去に学んだ経験を通して蓄えた必要なものを現在生きるのに役立てて取り出します。しかしクリスチャンはこの机の引き出しの中にもう一度手をつけて整理整頓する必要があります。古い思いでの引き出しをあけて、良いものは残し、悪いものを捨てることです。数々の引き出しの中でもまだ主に対して開かれていない鍵付きの閉ざされたままの闇の分野がないでしょうか。最も解放されていない分野、そこに過去の悲しみをそっと詰め込んだまま閉ざしていないでしょうか。主はこれを開いて癒しの光を当てたいのです。御言葉は約束します。

「主は心の打ち砕かれた者を癒し、彼らの傷を包む。」(詩一四七・三)

この内なる人をも癒し、精神的に解放と自由を与える力あるイエス様の血潮を賛美します。

 聖書ではエレミヤに対して「わたしは、あなたを体内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し、あなたを国々への預言者として定めていた。」(エレミヤ一・五)。

 と言われ、人間は母の体内にいる時から、すでに主の御計画と、聖別を受けられる人格者としての人間であることを認めています。

 ルカ一章四十一節ではエリサベツがイエス様を身ごもった母マリヤの挨拶を聞いた時、ヨハネはまだ生まれていなかったけれども、その声を聞いて母エリサベツの体内で喜び踊ったことが証言されています。ヨハネは生まれる前から聖霊様に満たされていたのです。ですから、実は私たちの内なる人の癒しは出産前の体内の赤ちゃんに至るまで、独立した人格者である人間として必要なものなのです。赤ちゃんも傷を受けることがあるからです。たとえば学者によると、妊娠した母親が何かの大きな恐れに捕らわれて、不安と緊張にさいなまれると、ストレスを受けた母親の脳にアドレナリンが分泌され、思考力を低下させ、体さえも老化させ、これを我慢し続けると最後にはガンを誘発します。そしてこれら一連の過程の中で母親のお腹の皮がはってしまい、体内にすむ赤ちゃんも狭くなった窮屈さの中で微妙に母親と同じ圧迫と恐れを感じ取るそうです。さらに胎内の赤ちゃんは八ヶ月を過ぎると、外部の音を認識して聞き分ける聴覚システムのニューロンをすでに大人と同じ数まで保有し、記憶をつかさどる脳内システムの海馬も正常に働き日々、記憶、学習しているのです。そのため、最近では出産前に胎児の性別を知ることが出来ますが、これが両親の期待はずれであった場合、胎児の心に傷となることもあるそうです。両親が女の子を望んで期待していたのに胎児が男の子と分かると両親は落胆します。両親は語ります。「ああ、残念だ。せっかく女の子の服をたくさん準備して、かわいい環境を整えていたのに。…」

 しかし、その時、注意しないといけません。胎内の子供は微妙に女の子に生まれなかったことに対する自分への拒絶感と劣等感、親に愛されていない、喜ばれていないという失望の思いを本能的に敏感に感じ取り、心の傷を持って生まれてくることがあるそうです。この様な拒絶を受けた赤ちゃんの傷が癒されていないと将来、成人後にこれが現われて反社会的な拒絶反応を持った、周りとうまく打ち解けられない孤立した性格を持った人になることがあるそうです。

 ある聖会で悪霊に憑かれた二十代の女性が連れてこられました。女性は祈りを受けるなりすぐに暴れてから床に倒れ込み、まるで胎内にいる胎児のように頭を垂れて体を丸め、手足を前に出して丸めたのです。説教者は命じました。「イエスの御名によって命ずる。拒絶の霊よ、出て行け!。」

 その瞬間、女性から幼児期に受けた心の傷についていた悪霊は出て行き、自由になって立ち上がったのです。私たちは生涯のどこで傷を受けているか分かりませんが、誰でも例外なく全知全能の神様の御前、時には徹底的に心のボ―リングをして胎内にいた時までさかのぼって心の癒しを祈り求める必要があります。