ビューティー 


            

                    ヨブの腫物

ヨブの試練を信仰の目で見る時、そこにもイエス・キリストの模型を見ることができます。ヨブは東洋一のVIPでしたが、全ての財産を失う試練に会いました。同じように、イエス様はもともと天国の王の王であられ、一番のVIPでした。しかし、この世に来られ、貧しさの呪いを体験され、十字架に至っては、全ての財産を失われました。実に最後の一枚の下着さえもです。

 次に、ヨブの試練は腫物によるもので、足の裏から頭の頂まで悪性の腫物で打れたのです。今日の医師が聖書の記述から診断し、処方箋を書くならば、ヨブの病は悪性のらい病であったといいます。それは律法によると呪われた人の受ける、汚れた病と考えられておりますが、イエス様もこれを体験されました。すなわち、イエス様の御頭の頂には、呪いの象徴いばらの冠が押さえつけられ、その針によって頭の頂までうたれ、イエス様の御足にいたっては、足の裏まで貫通した釘がありました。

 こうしてむち打ちの全身の傷も加わり、イエス様は足の裏から頭の頂まで病に犯されたヨブに劣らない程、足の裏から頭の頂まで全身、肉体的な激痛に打たれていたのです。

 最後にヨブの試練を更に激しいものとした出来事は、妻や友人たちの責め立てる言葉であり、ヨブにとってそれは精神的な苦痛を増大するものでした。信頼していた妻の裏切りの言葉がヨブを痛めます。

「それでもなお、あなたは自分の誠実さを堅く保つのですか。神を呪って死になさい。」(ヨブ二・九)。

 更に、追い打ちをかけるように、その後、ヨブの友人たちが悔やみを言って慰めるために互いに打ち合わせてやって来ました。しかし、結果としてナアマ人ツォファルは律法主義的にヨブを責め、エリファズも自分の経験をもとに語り、ビルダデは先祖たちの言い伝えをもとに語り、いずれもヨブにとっては信仰的ではない、的外れのアドバイザーとして、わずらわしい、慰め手や偽りをでっちあげる者、能なしの医者(ヨブ一三・四)のようであり、いたずらにヨブの魂を悩ませ、内容的にはヨブへの迫害者のような存在となってしまったのです。(ヨブ一九・一~一三)。

 ただ、四人目の友人エリフだけが的を得た信仰的なアドバイスを与えていました。そして、これら一連の火の試練を通過した後、最後に主が耐え抜いたヨブをよしとされ、御言葉を与えて語られました。その時、同時に主について正しく語らなかった三人の友人たちに対して主の公義の御怒りは燃え上がったのです。(ヨブ四二・七)。

そこでヨブは主の愛を受けて、実質、迫害者的存在だった三人の友人たちのためにとりなしの祈りをささげたのです。その時、神様の奇跡の御手がヨブに現われ、とりなし祈るヨブ自身が癒しと繁栄を受けたのです。

「ヨブがその友人たちのために祈ったとき、主はヨブを元どおりにし、さらに、主はヨブの所有物をすべて二倍に増やされた。」(ヨブ四二・一〇)。

 その後、神様に癒されたヨブの後の半生に生まれた三人の娘、エミマとケツィアとケレン・ハプクについて聖書は「その国のどこにもいないほどの美しい女性だった。」(ヨブ四二・一五)。とあります。 

 ヨブ自身、知らずして体験したこれら一連の火の試練と、その後の繁栄の生涯とは実に神様の奥義の中でイエス様の受けられる苦難とその後の復活の栄光を現わしていたのです。ここにイエス様の同じような体験があります。ヨブが身近な妻や友人たちから内容的に迫害を受けた以上に、イエス様は身近な愛する弟子たちに裏切られ、十字架を取り巻く迫害者たちにも悪口雑言のうちに御心を痛めつけられました。

 しかし、炎のような試練の最後にイエス様は十字架上、自らを釘打つ迫害者なる全人類のために、赦して、とりなしを祈られたのです。(ルカ二三・三四、イザヤ五三・一二)

 この信仰の試練に耐え抜いて勝利されたイエス様を御父はよしとされ、神様を愛する者に準備されたいのちの冠を与えて、死人のうちより復活させ、今は完全なる癒しのうちにヨブの試練通過後の祝福のように、復活のイエス様の栄光ははなはだ天上でも地上でも大きくなったのです。 

 私たちの信仰の創始者であり、完成者でもあられる義なるイエス様について聖書は語ります。

「しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。」(イザヤ五三・一〇)

 ここでイザヤが預言したイエス様の十字架以降現われる「末長い子孫」とは、末長く永遠にまで生きられる私たちクリスチャンのことです。キリストが足の裏まで通過した釘と頭の頂まである、いばらのとげにより全身サタンに打たれ、血潮を流して炎の試練を通り抜け、三日後の復活と昇天により癒された今、そこから生まれ出た私たちクリスチャンこそイエス様の復活の命で新生した末長い子孫として、ヨブの試練通過後生まれた東洋一美しかった三人の娘たちのように、この世界のどこにもいないほど最も美しく輝く特別な存在なのです。ヨブの試練も、その後に生まれた美しい三人の娘の輝きも全ては私たちの教訓のため、悟りのためです。イエス様の御顔が損なわれた血潮によりて、私たちクリスチャンこそ末長いイエス様の子孫として本当に美しい聖なる民族とされているのです。罪のしみも呪いのかげもなく、聖なる輝く特権ある、由緒正しいイエス様の血潮を受けた神様の血統的家族なのです。自信を持って立ち上がってください。クリスチャンは最も美しい民です。世の人々も本当は内心それを気づき、知っています。クリスチャンの内なる光はキリストの光、全ての命の源なのです。勇気をもって微笑んで、憂いの顔を捨てて明るく顔を上げていきましょう。

神様が味方、イエス様の犠牲があるのです。感謝して賛美して今も、最も輝く神様の子孫となり後には更に輝く栄光の体を受けましょう。内なる人が輝けば外なる人にも影響、感化します。内なる光は最も価値あるものです。神様がご覧になられる時、私たちクリスチャンは皆、この世界で最も美しい御自分の選ばれた民族なのです。

「彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。」(イザヤ五三・一一)。 イエス様のいのちの激しい苦しみのあとは、十字架の後のことであり、そこにあるのは残された痕跡、イエス様の血潮であり、救われた末長い子孫、私たちクリスチャンです。そのため、イエス様の満足は、私たちが美しい栄光の体を受けて輝く顔を持ち、喜んで賛美と感謝で信仰に生きる姿を見ることです。あなたが生きて輝けばイエス様は満足するのです。ヨブは美しい娘たちに相続地をただで与えたように、イエス様もやがて美しい私たちに天国をただで与えてくださいます。(ヨブ四二・一五)。

 

                      いのちの木

 主なる神様はエデンの園の中央にいのちの木を生えさせられました。これは善悪の木とは違い、取って食べても良い実でしたが、アダムはこれを心に止めず、決して手をつけようとはしませんでした。

 今でもいのちの木のようにとって食べても良いのに、多くの人々が目も向けずに心を止めて、手をつけようともしないままの、本当は一番、園の中で尊い積極的に食べるべきすばらしい木があります。

 それは園の目立つ中央に生えていながらも無視されたいのちの木のように、世界の全ての人々の中央に目立って堂々と準備されている、目を開けば探すのにも難しくない、いのちの木であるイエス・キリストの十字架です。いのちの木にいのちの実が結んだように、十字架の木にはいのちの実である主なるイエス様が結ばれたのです。誰であれ、この御方をいのちの木の実として信じて取って食べ、内に受け入れるならば、永遠のいのちを持つ復活の体を持つことになるのです。

「イエスは彼らに言われた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。人の子の肉を食べ、またその血を飲まなければ、あなたがたのうちに、いのちはありません

。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲むものは、永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。」(ヨハネ六・五三、五四)

 食べてはいけない性質の善悪の木の実とは正反対に、これこそ積極的にとって食べなければならない、なくてはならない食物なのです。

 結ばれた実と木自体はごく小さな隠れたような短い接点の茎(へた)によって結ばれており、それは人の手でももぎ取れるほどの小さなものですが、しっかりと木に実をつなぎ止める役割を果たし少々の風が吹いても絶対落ちないようみごとに結ばれております。同様に十字架の木に結ばれた永遠のいのちの実であるイエス様と、十字架の木の間にもごく小さなへたによく似た形を持つその役割を果たす接点がありました。それは、風が吹いてもしっかりと十字架の木につなぎ止める役割を果たした手足に打ち込まれた釘だったのです。これがイエス様の御体をはずれ落ちないように十字架という木に結びつけていた接点だったのです。しかし、へたはいつしか必ず除かれるように今イエス様の復活によりて取り除かれております。

 こういうわけですから、いのちの木、十字架の御元へ大胆に行って、いのちの実なるイエス様の御言葉という果肉を積極的に食べて受け入れ、その果汁のようなイエス様の血潮でいのちに富む、復活の体をいただきましょう。

 

                       ひげ

 人間は誰でも献身力が与えられ、生きがいがはっきりすると生き生き栄光に輝き始めます。

「打つ者に私の背中を任せ、ひげを抜く者に私の頬を任せ侮辱されても、つばきをかけられても私の顔を隠さなかった。」(イザヤ五〇・六)

 十字架を前にしてイエス様は背中のむち打ちだけでなく、ひげさえもぬかれました。ユダヤ社会では通常ひげとは男性美の象徴であり、男性の威厳と尊厳の現われです。(詩一三三・二)。エジプト人には、ヨセフがパロ王に会うためにひげを剃って整えたように嫌われるものですが、ユダヤ人では反対に男性の誇りです。イスラエルの栄光のあらわれ、祭司にはひげの両端をそり落としてはいけないと律法で定められていました。(レビ二一・五)。かつて、アモン人の王ハヌンがダビデ王の家来たちを捕らえ、彼らのひげを半分そり落としてそしりを与えた時、ダビデ王は

「彼らのひげが伸びるまでエリコに留まりそれから帰りなさい。」と命令を送りイスラエル社会でひげのない恥をこうむらないよう彼らを保護したのです。(Ⅱサム一〇・四)。これほど社会的にも大切なひげです。それゆえイエス様の御顔からひげが抜かれたということはイエス様のユダヤ人としての尊厳も栄光も踏みにじられたということを意味する大変な出来事です。ひげが抜かれる激痛と共に、そこから外出血の血潮がにじみ出たことでしょう。更にまた、恥辱ばかりでなく、そこには暴力もありました。

 マルコ十四章六十五節「そうして、ある人々は、イエスにつばきをかけ、御顔をおおい、こぶしでなぐりつけ、『言い当ててみろ』などと言ったりし始めた。また、役人たちは、イエスを受け取って、平手で打った。」

 イザヤ五十章七節「私は、顔を火打石のようにし、恥を見てはならないと知った。」

 私は救われる以前、大変な暴れ者でいろんな所へ出ていっては喧嘩をしていました。確かに剣を取る者は剣により滅びることを身をもって学ばされました。そんな惨めに砕かれた体験から、今分かることは人は力強く殴りつけられると、その時つぶった目の中でピカッと火花が本当に飛び散るということです。また、頬を強く打たれると口の中が歯の形にそって切れ、血が出るということです。私は喧嘩して疲れ果て、ぼろぼろになって帰宅後、鏡の中で頬の内側が切れて内出血しているのをしばし確認したことがあります。こんな惨めな体験さえ、今愛する主の御手の中で、主の御苦しみを万分の一でも理解するための悟りとなり、全てが益になることを感謝します。イザヤ五十章七節に出てくる火打石とは両手に持つ火打石同士を互いにぶつけ合い、火花を散らし火種に火をつける石です。確かに、その時、石はピカッと光るのです。しかし強く互いにぶつけ合わねば火花は飛び散りません。ガツン、ガツンと打つのです。イエス様の御顔が打たれた時、サタンはこの時とばかりに人間を通して憎しみと怒りのこもる強い拳でガツンと殴りつけたのです。そのためイエス様が目隠しされた暗黒の恐怖の内に見たものとは実にただただ火打石のごとく火花が飛び散る、すさまじい光景そのものだったのです。強い拳により打ち砕かれたイエス様の御口の内側は当然、頬が切れて内出血という血潮が流されたことでしょう。その後、打撲傷によりイエス様の御顔は時間と共に醜く腫れ上がり、多くの者が見て驚いたように、その顔だちは損なわれて人のようではなく、その姿も人の子らとは違っていたのです。群衆の見る中、ゴルゴダへの道、ほふり場に引かれていく屠殺される運命の小羊のように引き出されたイエス様に、ローマ兵は死刑囚の定めにより十字架の非常に大きく重い横棒の木(パティブルムと呼ばれた。)を縛り付けて背負わせ歩かせたのです。(ヨハネ一九・一七)。カルバリの発掘現場から発見された十字架の縦の長い木(スティぺスと呼ばれた。)を差し込む穴の縦横のサイズが三十一・五センチ×三十五センチだったことから考えると、固定の為に隙間に打ち込む小さな岩のくいの部分を除いたとしても十字架の縦の木の太さは少なくとも三十センチ×三十センチ四方はあったかなり大きな丸太位であろうと推測でき、この縦の木に合わせてクロスする十字架の横棒の木も同じ位の太さはあった木として非常に大きく重い大木の角材であったことが推測されます。当時の歴史家ヨセフスによると一世紀頃にはエルサレムで最盛期で毎日500人以上のユダヤ人を十字架にかけるようティトス皇帝が命じたとあり、その結果、ローマ兵たちは多過ぎる十字架刑に使用する木を樹木の少ないイスラエルで調達するため手近で一番広く分布する樹木であるかしの木から十字架を作り作業を簡略化したと言います。かしの木も重い木です。そのため、十字架の横棒の木は少なくとも約50~60キロはあったと計算でき、想像以上に大きく重かった十字架の横棒の木を無理に背負わされ、しかも徹夜と強制断食、五回の不法裁判と尋問責め、そして激しいむち打ちと暴力の為、心底力尽きていたイエス様は重い十字架の木に押しつぶされ、両腕を固定されたまま上っていくつらい坂道ドロローサで、何度も倒されてはひざと御顔を地面に強打したことでしょう。カルバリへ続く旧道ドロローサはまちまちの大きさの岩で作られた転びやすいでこぼこ道です。イエス様の御顔はここでも大怪我して損なわれたはずです。

「おきてにしたがって悪をたくらむ破滅の法廷が、あなたを仲間に加えるでしょうか。彼らは、正しい者の命を求めて共に集まり、罪に定めて、罪を犯さない人の血を流します。」(詩九四・二〇、二一)

 こうしてカルバリの丘、十字架は高く上げられたのです。御言葉は全て成就します。

「人が顔を背けるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。」(イザヤ五三・三)。

 イエス様の損なわれた御顔を道すがら集まった見ず知らずの大群衆さえ忌み嫌い、顔を背き、頭をふりながらあざけったのです。まるで見つけられた強盗人を非難するようにです。(エレミヤ四八・二七)。

 それはイエス様の御顔がひげの抜かれた外出血と殴りつけられた内出血、更にはゴルゴダ途上ドロローサの道でひどく損なわれていたからです。しかし、この時の、この血潮こそ、今を生きる私たちのために注がれた貴い身代わりの犠牲の血潮だったのです。無駄な流血ではなかったのです。すなわち、今日誰でもイエス様を仰ぎ見つめれば、復活の栄光に輝く顔を持てるのです。陰りのない明るい顔を持って生きれるのです。悩みと憂いの暗い顔が信仰と希望と愛に満ちた明るい顔に変わるのです。感謝と賛美に満ちた喜び輝いた目を持つのです。このイエス様の犠牲の血潮のゆえにこそ今日のクリスチャンは輝いているのです。イザヤ五十五章五節には十字架以降の教会時代について、

「あなたを輝かせたイスラエルの聖なる方」とあり、私たちを輝かせるイスラエルの聖なる方とはまさにイエス様のことです。

 篇三十四章五節では「彼らが主を仰ぎ見ると彼らは輝いた。彼らの顔をはずかしめないで下さい。」ともあります。ハレルヤ。十字架のイエス様を仰ぎ見て世界の光として大いに輝きましょう。かの日には復活の栄光の中で太陽のように輝く時も来ます。今、人間的な体型や国籍、肌の色、器量の善し悪し等一切の関係なく、内なる聖霊様の光で新しい人となって美しくなれるのです。

 イエス様の血潮を受けて輝く魅力ある証人となりましょう。聖霊美人に人はついていくものです。私も始め、熱心な教会員たちの輝く目を発見して心ひかれた一人です。黙示録一章十六節では今、イエス様の御顔は復活・昇天により天国で癒されて強く照り輝く、太陽のような栄光に満ちています。復活の日、私たちもまた、そうなれます。

 イエス様は十字架に関しては悲しみの人として苦難を受け、一時的に悲しみのみ顔を持たれたことでしょうが、通常の宣教をなさった公生涯と三十歳になられるまでの生い立ちにおいては聖霊様の喜びと平安がいつも表情ににじみ出る気品の高いみ顔をしておられたことでしょう。時に笑われ、時にやさしく微笑まれ、多くの人々にも無言のうちにも平安を分け与え、周囲の人々を楽にさせるふるまいと表情に群衆は魅了されました。そのためイエス様が弟子たちに向かって「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。」(ヨハネ十四・二七)。と語られた時、弟子たちはこの世にない平安をいつも持たれているイエス様のさわやかな表情を見て、それと同じ平安を受けたいとなんの迷いなく一層期待する心でついて来たのです。イエス様の平安がほしかったのです。ところがもし、イエス様が不安一杯の暗く落ち込んだ憂うつそうな重たい顔で弟子たちに向かって「わたしは、あなたがたにわたしの平安をあたえます。」と、ぼそぼそつぶやいたならば、きっとペテロは率先して「主よ!。大丈夫です。絶対結構です。わたしはもう、こんなにいっぱい満たされています。」と言って得体の知れないこの世にない憂うつそうな顔の平安を断固拒んだことでしょう。しかし、イエス様の内には確かな聖い天国の平安があり、そのみ顔の上品な喜びの表情ひとつひとつが弟子たちの心をいつも引きつけて安心させていたのです。ですから、このようなイエス様がただの一度十字架上で悲しみの人となってみ顔が血潮と悲しみに覆われて損なわれた身代わりのために、私たちは絶えず涙の谷を過ぎる試練の只中でも平安を保ち、明るい希望に満ちた聖い顔を天に向かって上げることができるのです。ハレルヤ。悪魔にだまされて堅く暗く憂うつに落ち込んだ顔はもう過去の人、イエス様の血潮によって私たちとは一切関係ありません。