地獄   


 

                     契約の血

私は本当に地獄を体験してきました。これからお読みになる本当の証しが人々を地獄から救う何らかの役に立てれば幸いと願います。

 私たちを患難時代に下にある黄泉の地獄から逃れさせて、上にある天国に招き入れる力が、イエス様の血潮にはあります。聖書は約束以上の約束、契約します。

「あなたについても、あなたとの契約の血によって、わたしはあなたの捕われ人を、水のない穴から解き放つ。」(ゼカリヤ九・一一)

聖書中、主のしもべたちは時に、地獄のひな形のような環境を体験しています。その実例として。

 第一にエレミヤです。彼は預言した真理の御言葉のゆえに迫害され、水のない泥の穴の中に投げ込まれて沈みましたが、エレミヤはその後、再び網で穴の中から引き上げられ、命を取り戻したのです。(エレミヤ三八・一三)。

 第二にシャデラク・メシャク・アベデ・ネゴの三人です。彼らは偶像礼拝を拒み、御言葉に命を懸けたため迫害され、普通より七倍も熱い火の燃える炉の中へ投げ込まれましたが、主を愛する彼らに火は全く効き目なく、再び彼らは王の命令により火の中から出てきたのです。(ダニエル三・二六)。

 第三にダニエルです。彼も、また信仰のゆえの迫害を受けて、獅子のいる穴に投げ込まれましたが、神様に信頼するダニエルに獅子は何の害も加えず、再びダニエルは穴から出されたのです。(ダニエル六・二三)。

 ここで福音のゆえに迫害され、通常死すべく滅びの穴の中に落とされながらも奇跡的に命を得て、再びそこから出てきた、死に至るまでも忠実だった彼ら信仰の勇士たちは皆、義なるイエス・キリストの十字架の死と下られた黄泉からの三日目の奇跡的復活の栄光を証ししています。

 そして、このことは、私たちも同様であります。それは、第一の、暗く水のない泥の穴の中の孤独。第二の七倍に熱く燃えさかる炎。第三の吠えたける獅子のような悪霊からの苦しみ。これら三つの穴の全てがミックスしたような滅びの黄泉の穴から私たちは今すでにイエス様の十字架の血潮信仰で救われて義人とされているからです。ハレルヤ。主が与えてくださった信仰と救いとは、旧約時代の偉大な信仰の勇士たちの奇蹟的生還体験に等しく、それ程大いなる驚くべき永遠の救いなのです。

 天国も地獄も現実の世界です。私は初め救われた後すぐに伝道を連日繰り返すようになって一つの疑問がわきました。私は自分で宣べ伝えているようにそんなに恐ろしい地獄が本当にあるのだろうか。教会の教師の一人に質問しました。すると兄弟いわく

「聖書には地獄という言葉はないし、人間に対する裁きも今とは異なる体で一瞬のこと、すべては消えてしまうものだ。」

と言いました。私は黙示録に発見した永遠の火の池をあらかじめ知っていたため、「これは違う。兄弟が恐れる私を安心させようと人間的な考えで誤った福音を語るものだ。」と思いました。その後、私自身、聖霊様による万軍の主の熱心と肉の力による人間熱心の見分けもなく、神様を喜ばせようと、あまりに連日激しく、路傍伝道を繰り返して叫び続けたため、四方八方から迫害を受けて、様々の戦いの中で、後は次第に疲れ果てて救霊前とのギャップの大きさにカルチャーショックを受けつつも次第につぶやきが出てきました。私がつぶやき出すと同時に心は更にむなしく否定的になり、やがて人生への絶望的な思いと死にたくなるような思いが心を支配してきました。聖霊様が自分から遠く感じました。そこで私はつぶやきながら祈りました。

「信仰生活は人間の考え通りに行くものではない。今は、霊的戦いが激しく、リバイバルもまだまだ来ない。今まで熱心に伝道してきたけれど期待はずれも多かった。主よ、もう充分です。疲れました。私は死にたいです。私の命を取り去って下さい。」

  私がそう祈り終わるとすぐに幻におちて悪魔が目の前にやってきました。恐ろしい雰囲気に満ちた悪魔はすぐに青白い右手を伸ばし、私の胸に手を入れ、まっすぐ私の心臓を掴みました。それは鋭い爪のある非常に気味の悪い手でした。そして悪魔は強く私の心臓を引っ張り始めたのです。私は今、本当にこの瞬間命が取り去られるのだ、という悟りが来ると怖くなりました。それに死ぬのではなく悪魔に殺されると思うと悔しく、とても嫌になってそこで即座に悔い改めました。すると悪魔は手を離して私から去っていきました。本当に恐ろしい体験でした。しかし翌日になると、私は再びあの救われる以前あったような、むなしい思いと死にたくなるような絶望感に襲われたのです。そこで私は再び祈りました。

「主よ、やっぱり死にたいです。今、私の命を取り去って下さい。信仰生活は難しいのです。私は本当に疲れたのです。」

 こうして祈り終え、床に転がると再び幻に落ち込みました。私は落とされて黄泉の火の中に投げ込まれたのです。現実の世界です。本当の地獄です。私の身長の三倍位の火柱が四方八方燃え上がり私を取り巻いているのです。これは熱いなんてものではありません。しかもそんなに恐ろしく赤々と炎が燃え上がっているところなのにとても暗い場所です。地面は乾いた土です。私は今でも、時々幻で各教会のリバイバルしている幻を見ることがありますが、いつも不思議なことは神様の啓示される霊の世界では一目見ただけで、だいたい全ての状態が正確に把握できるということです。地獄という霊の世界でもそうでした。この世よりもそこでははるかに五感が優れて鋭敏に全てを感じ取れ、自分が今地獄にいることもはっきり分かり、この世の記憶も全てあるのです。何よりも熱くて耐えられない場所です。そんな激痛の中にもすぐ悟りがきました。

「ああ、ここは黄泉の中でもまだ比較的軽い方の場所である。しかし、この炎は昼も夜も消えることなく永遠に続くものだ。今はイエス様の憐れみによってここはまだ地獄の裁きの中でもいい方だ。」

 本当に地獄でもこの様に物事を正確に考え、わきまえ知れるのです。いや、むしろもっと悟りが早く目覚めた場所なのです。私は燃えさかるもの凄い炎の中でもだえ苦しみ、耐えきれずに叫び声を上げました。

「イエス様、ごめんなさい。助けて!。」

 すると、次の瞬間イエス様は私をそこからすぐ出して下さり、気がつくと、あのいつもの自分の部屋、床の上に倒れていました。ところがこんなにも恐ろしい体験をしたにもかかわらず、再びあのむなしい思いが押し寄せてきたのです。本当にそれは私を盗み殺し滅ぼそうとする強い種類の悪魔でした。そこで再三つぶやいて祈りました。

「やっぱり死にたい。生きるのが辛い。主よ、私の命を取って下さい。」

 すると今度は祈り終わるやいなや、すぐに幻の内に再びあの地獄へまっすぐ落とされました。以前と変わらず、裁きのものすごい炎の光だけが暗闇を照らす、全く希望のない恐ろしく熱く耐えられない場所です。そこで今度はすぐに叫び黄泉の穴から悔い改めました。

「イエス様、ごめんなさい。私が悪かった。」

 イエス様はこの時までも私を愛し赦しを持ってそこから救い出して下さいました。幻からさめて今度は本当に悔い改めました。しかし、その時の体験があまりにもすさまじくて恐ろしく熱かったため、説明するのが困難で、その後二年間位は秘密にしていました。私は地獄体験をした後の二日間は夜、目を閉じて眠るのが恐ろしくて電気をつけたまま眠りました。もしも目を閉じて、再びあの恐怖の地へ落とされたら大変だと思ったからです。地獄がどんな所か知るのに、少しだけ似た場所がこの世にもあります。それは韓国の高温サウナです。日本より韓国のサウナはもっと高温、高湿度に造られた所がたくさんあります。私の体験ではちょうど黄泉の熱さは、特別性の高温サウナに似て、後はそこに燃えさかる火がついてもっと熱く、耐えられない位に温度を高めて、出口のドアがなくなったら黄泉の完成です。私はこれを韓国で高温サウナに入っている時に、ハッとして思い出し、心臓が高鳴りながら悟りました。

 地獄は現実の世界です。私は一日に二度行きましたが、普通は一度行ったらもう絶対二度は行きたくない恐ろしい裁きの地です。

 しかし私はもう一回だけ黄泉に行った体験があります。黄泉の苦しみは大きく分けて二通りあります。それは、以前の苦しみが炎であったことと違い、今度の苦しみは悪魔による拷問でありました。私にとっての地獄体験は、本当の事で壮絶な体験でしたが、時に人々があまり証しを聞いても信じてもらえないことがとても悲しく思っています。ある朝のことです。幻のうちに主の御霊が私を地獄の黄泉に連れて行きました。黄泉の中を通過する間中、悪魔の男のようで甲高い傲慢なうす笑い声がトンネルの壁にこだまするように長いあいだ鳴り響いていました。その後、いくつかの部屋を通過して一つの部屋に私は連れ出されました。地獄にはたくさんの部屋があり、人々の罪の種類や重さの段階ごとに分けられています。中でも私が入れられた部屋は最も恐ろしく厳しい拷問の部屋でした。以前、私が地獄の最も軽い刑罰の炎の部屋に入ったことと正反対にこの部屋は地獄の中でも恐ろしい場所でした。地獄の中ではそのことが本能的な感覚ですぐ分かるのです。そこは男色と淫乱と好色、姦淫の罪で滅びた人々が入れられる部屋です。地獄ではこの種の罪で滅びた人々が最も厳しく裁かれてます。姦淫の罪は肉体に対する内なる罪であり、その裁きも快楽にふけっただけ厳しく肉体に対する容赦なき激痛なのです。そしてそこで滅んだ魂を苦しめるのが悪霊たちの使命なのです。丁度それは、死んで腐敗が始まった動物に自然とウジや汚い虫が集まって来てこれを解体することに似ています。私の連れ込まれた部屋は長方形の形を持つ電気も何もない暗い場所で、そこで悪霊どものゲームのように私自身が苦しみを受けました。ゲームの始まりに、何と売春婦のような冷酷な女が現われて私を見くびり、これが去ったかと思うと一匹のその部屋を管理する悪霊が現われて私をつかみ部屋の壁に投げつけたのです。すると、ものすごい目に見えない力と勢いで飛ばされて今や壁に激突して、即死すると思ったその時、目の前で土のような壁がぼんやりと緑色に光ってから人の形位に膨れあがり、そこからルシファーに似た西洋風の自分の名前を誇らしげに名乗りながら、考えられないほど恐ろしい顔と形の悪霊が出てきて私を跳ね返しました。本当に部屋の壁の中から出て来たのです。そのため傷を受け、飛ばされた私は次に反対側の壁に激突しそうになると、そこもうす暗く光り、壁の中から自分の更に異なった名前を持ち、それを誇らしげに名乗るもう一匹の悪霊が出て来て私を再び前の悪霊の時のように跳ね返しました。そうして悪霊どものゲームのように、私を部屋の中でものすごい勢いではじき返しながら苦しめるのです。その音もスピードもすさまじく恐ろしいものです。悪霊どもが次々と地獄の部屋の壁の中から出て来て、しかも一匹一匹名前も顔、形も異なっていて、それはこの世のホラー映画などに出てくる想像上の最も恐ろしく醜い悪魔や怪物の姿と本当に似ていて、そこで与えられる拷問のような苦痛は言葉では表現出来ないほどにものすごい痛みと恐怖の連続です。しかし悪霊どもは、これを本当に喜び楽しんで増々力が満ちていき、人の苦しみがむしろ彼らの喜びであり本当に本来の人間とは全然性質の違う全く憐れみのない生き物でした。私は自分の黄泉での体がばらばらにされていくのを体験しました。息つく暇と休みが一瞬もない激痛の連続なのです。特に悪霊にアタックされた時は叫ぶ声が出ないほどの痛みです。ある悪霊は肩から下、全身鋭く長い鉄のとげに満ちた体をしていました。体当たりされて刺されると痛さのあまり心の内に死んで逃れたいと思いましたが、そこは死はなく一切愛も憐れみもない絶望の場所でした。悪霊どもは力の限りあらゆる仕方で私に拷問の苦痛を与え続けそれは地獄の炎よりもはるかに恐ろしい死の連続体験でした。通常の地上の生活なら一回の激突で即死する程の衝撃を繰り返し悪霊どもから代わる代わる受けるのです。あまりの苦しみに私が一匹の悪霊に必死の助けを求める哀れみの目で訴えましたが、悪霊にとっては人間の苦しみがむしろ喜びと力の源であり、全くこの世の常識の通じない冷酷で異常な世界が黄泉なのです。やがて、私の黄泉の体がバラバラにされた頃、このゲームのような拷問は終了しました。そして、その部屋を管理する悪霊が見えない力で私をつなぎ、別な種類の苦しみを与えるために他の部屋に連れ出そうとしました。その時私が振返って見ると、他の滅びた魂が私の次にこの部屋に投げ込まれているようでした。こうして次の部屋に移されようとしているまさにその瞬間、私は主の御名を呼び求めることを思い出し叫びました。すると私は特別にそこから救われ、この地上に戻されたのです。しかし、他の滅びた人々の場合はそうではなく泣けど叫べど拷問の繰り返しでした。主は私に言われました。「あなたが、これらを体験したのは現実に地獄があることを人々に語るためです。」更に主は教えて下さいました。「日本は先祖が霊の姦淫である偶像礼拝を盛んに行ったため、三代、四代と呪いを受け、その子孫は今、肉の姦淫が盛んになりこの罪のゆえに多くの魂がこの現実の黄泉に落ちているのです。」

 私は涙ながらにお願いしたいことがあります。もしも、この本の読者の中に何らかの罪のと関わりがあるクリスチャンがいましたら、どうか、どうか、お願いします。心の底から悔い改めてイエス様の血潮で洗われて下さい。命がけで罪から離れて本当に聖められた完全な人になって下さい。罪こそ現実に人を地獄へ落とす黄泉の力なのです。まもなくイエス様は世界に帰って来られ、世と世の欲望は消え去ります。死とハデスのかぎを持つ主に向かって力の限り叫び求めてすがってください。イエス様はあなたに罪に打ち勝つ能力を与え、勝利者のための永遠の天国を準備しているのです。このことが主からいただいたメッセージの全てです。

 本当につらい黄泉はこの地球の中心にあります。(イザヤ一四・九、エゼ三一・一四、黙四・三)

「地そのものは、そこから食物を出すが、その下は火のように沸き返っている。」(ヨブ二八・五)

 黄泉は滅んだ魂が第二の死である、火の池を待つ待合室、そこはマントルと中核のマグマのように熱い熱い地です。

「神は人のたましいが、よみの穴に、はいらないようにし、そのいのちが槍で滅びないようにされる。」(ヨブ三三・一八、三六・一二)

 確かにそこは槍を持って滅んだ死者たちを苦しめる悪魔、悪霊の大勢いるサタンの王国なのです。泣いて歯ぎしりするような地なのです。そして白くて元気なウジ虫もいっぱい体の中にいるのです(ヨブ一四・一一、イザヤ六六・二四)。本当にこの様な裁きからイエス様は十字架の身代わりをもって救ってくださったのです。すばらしいイエス様の血潮のゆえに神様にどんなに感謝を捧げたら良いのでしょうか。たとえ永遠が一つの口になって神様をほめたたえてもまだ足りません。イエス様の愛は天より高く、永遠に続き、宇宙より広く、黄泉よりも深いのです。たとえ白い空を紙として青い海を墨としても救い主の大いなる愛は書ききれず、空に空を重ねてもなお足りません。

 地獄は現実の世界、天国も現実の世界です。審判より逃れ、今はただ主をほめたたえます。全てのことが感謝です。私の場合、黄泉の実体験以降、眠っていた信仰生活がかなり目覚めて本気になりました。

 また、イエス様の血潮は私たちを地獄の審判だけでなく、この世の審判からも救われます。

                赤いひも

 遊女ラハブは人間自体の肉の行ないで評価すると遊女ゆえ、天国から遠くむしろ地獄に近い人です。しかし、生きた信仰の行ないによって義人とされ、全家族、親戚を救いへ導き審判を逃れイエス様の系図に載るほどまで祝福された幸いな人です。遊女ラハブは自分たちの住む町エリコがイスラエルの正義の力ある神様の御前、神様の審判を受けるべく罪あるものであることを認め、更に審判の日には自分を救って下さる救いの神様となってくれることを信じてイスラエルの偵察隊二人に命の救いを請い願ったのです。そして、エリコの審判の際、救って下さるという約束を受けた遊女ラハブとその全家族にとってその救いのしるしとは、遊女ラハブの家の窓に結びつけた赤いひもだったのです。これを契約のしるしとして結びつけていれば、イスラエルの偵察隊をかくまった遊女ラハブとその全家を審判の日にも特別に守るという約束だったのです。しかしもし、この赤いひもがなければ、それは一般のエリコの住民同様聖絶の対象として審判されたのです。

歴史家ヨセフス・フラヴィウスによると「ユダヤ古代誌」の記録の中で、このとき窓に結び付けた赤いひもについて「赤い布切れを高く掲げておきなさい。そうすれば…」と、イスラエルの偵察隊は遊女ラハブに約束したと証言しています。赤い布切れは、他に赤い旗とも訳せます。

 今、高く掲げられたイエス様の十字架で流された赤い血潮を私たちの全家に赤いひも、もしくは赤い布切れとして結びつけて、高らかに勝利の旗印として掲げましょう。誰もそこから迷い出ないようにしっかりと家族の愛の絆のひもをもって堅くイエス様の血潮で一つになれますように。

              額の印

 エゼキエル九章では終末のイスラエルに対する審判について預言されております。御使いを象徴する七人がいます。六人の男は各々に打ち壊す武器を片手に持ち、七人目の一人は亜麻布の衣を着、手には書記の筆入れを着けていました。すると主は七人目の一人に命じました。

「町の中、エルサレムの中を行き巡り、この町で行われている全ての忌み嫌うべきことのために嘆き悲しんでいる人々の額にしるしを付けよ。」(エゼ九・四)。

 続いて主は武器を持つ六人に町の中を行き巡り、審判するよう命じました。しかし主は加えてもう一つ言われました。

「彼のあとについて町の中を行き巡って、打ち殺せ。惜しんではならない。あわれんではならない。年寄りも、若い男も、若い女も、子どもも、女たちも殺して滅ぼせ。しかし、あのしるしのついた者にはだれにも近づいてはならない。まずわたしの聖所から始めよ。」(エゼ九・五、六)。

 今、イスラエルだけでなく終末の裁きは、神様の家なる教会から全世界にまで始まろうとしています。しかし世の罪悪を悲しむ性質を持つ、聖霊様を受けた全てのクリスチャンの顔の額には御使いによってイエス様の血潮のしるし(黙七・三)が既に付けられているのです。これが私たちと世の人を見分けて、審判から救う確かな契約のしるしとなっているのです。