出張


 

                                        金のしゃく

アハシュエロス王の前に出張したエステルは神様から遣わされた自覚の元、その使命を命がけで忠実に果たしました。出張に忠実な者、不忠実な者、主はすべてを知られます。大切なことは私たちは神様から使わされた重要な使命ある特別な存在という自覚です。

 エステル記に登場するアハシュエロス王はここで父なる神様を象徴します。後に王の右に座る位を受けたユダヤ人を救う解放者となったモルデカイはイエス様を象徴します。モルデカイは自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語りました。そして、同胞のユダヤ人のために命をかけて戦った勇気ある王妃エステルは私たちクリスチャンのあるべき姿を象徴し、ユダヤ人へのひどく悪質な迫害者だったハマンはサタンを象徴しています。

ハマンは自分に頭をさげず、真理と信仰に堅く立つユダヤ人モルデカイを非常にねたんで憎しみ、モルデカイだけでなくユダヤ人全体をも迫害して殺害しようと策略を練った悪者です。しかし、最後は自らが設けたわなに捕らえられサタンの運命同様滅ぼされています。

一方、モルデカイは迫害されれば、されるほどいよいよ高められ、究極的には二度も王の前から町に出てきて、王服をまといながらユダヤ人の群衆の前で国王とユダヤ人の栄誉を受け、大いなるかっさいを受けました。一度目は王の馬に乗って、その足を地面に着けることなくユダヤ人の前に登場し(エス六・十一)、二度目は地面に足を着けて歩きながら金の冠をかぶっての登場です。会衆前でのモルデカイの栄光満ちた登場とは、すなわちユダヤ人の命を迫害者の策略から救った解放宣言のためでした。(エス八・十五)。「ユダヤ人にとって、それ(モルデカイの登場)は光と、喜びと、楽しみと、栄誉であった。」(エス八・十六)。このことはちょうどサタンの迫害を受けながらも十字架の血潮で勝利され昇天されたイエス様が、王なる御父のおられる天国から出て来られる一度目の足を地面に着けない空中再臨と二度目の足をオリーブ山の地面に着ける地上再臨のとき私たちから必ず大かっさいをあびる解放者イエス様を現わしています。イエス様はその日、私たちの光と、喜びと、楽しみと、栄誉になります。

「その日に、主イエスは来られて、ご自分の聖徒たちによって栄光を受け、信じたすべての者の…感嘆の的となられます。」(第二テサ一・十)。

モルデカイの大勝利とユダヤ人の自由解放の背後には命をかけた王妃エステルの献身的信仰があります。

エステルはユダヤ人の一人として同胞の同国人を本当に愛し、ユダヤ人であることを恥とはせず、王の前でも隠すことなく堂々と身元を告白し、その救いのために立ち上がった勇士です。もしエステルが立ち上がらなかったならばモルデカイが語ったとおり他から救いが現われましたが、エステルはユダヤ人の救いこそ自らの使命と確信し、命をかけて断食祈祷と信仰を持ってアハシュエロス王の所へ行き、ユダヤ人の救いを嘆願したのです。王にはユダヤ人を生かすも殺すも、すべての権威が与えられています。エステルにとって王妃としてできるすべてのことはハマンの巧妙に立てられたユダヤ人殺害計画を打ち壊すように王に助けを求めることです。しかし、通常いかなる人であっても王の前に出て行くことは王から直接召されない限り禁じられており、この法令に背く者は誰でも死刑に処せられたのです。その厳戒態勢は歴史家ヨセフスの文献によると召し出されていないのに玉座に近づく者を罰するためにおのを持った男たちが玉座の周囲に立てられていた程です。しかし、ここにたった一つの王の前に出て行ける例外的な救いの手段がありました。王の好意を受けて、王の手に持つ金のしゃくが差し伸べられたその時、そのしゃくに触れば王室にて王との親しい面談が許可されたのです。まさにエステルにとってこれは命がけの大冒険でしたが、エステルは信仰と勇気を持って行動に移し、王の好意をみごとに得て、金のしゃくが差し伸べられ、あとはすべての嘆願の内にその願いは聞き届けられユダヤ人を救ったのです。

 エステルは今日の私たちクリスチャンのあるべき姿の象徴です。今、父なる神様は勇気あるエステルのように命をかけて断食と祈りを持って同胞の同国人への救霊愛に燃えている人を探しておられます。父なる神様は金のしゃくをそんな勇士に差し伸べたいのです。確かに私たち、罪ある人間は元々どうしても王なる神様のみもとに自ら進み行くことはできません。罪人が御父の御前に立ち、御顔を拝するならばちりに等しい私たちはたちまちに死んでしまいます。しかし、ここにたった一つの救いの手段がすでに準備されていたのです。そうです。御父のみもとから今差し伸べられている金のしゃくに触ればよいのです。金のしゃくとはギリシャ語でスケープトロイであり、金の棒という意味もありますが、私たちにとって純金の棒以上に尊い棒とはイエス様の十字架の木です。王なる神様の御手の中にいつもある十字架という栄光輝く金のしゃくをとおして御前に進み行けば、例えどんなに罪深い者であったとしても無条件に王なる神様の好意を得て、親しい面談が許可され、愛されて受け入れられるのです。この金のしゃくはエステルのように信仰を持って御前に進み行く人にのみ差し出されています。イエス様が私の為に十字架で血潮を流して死なれ、葬られ、三日目によみがえられた、この真理を本当に信じる人だけがつかむことのできる金のしゃくなのです。ですから、エステルのように勇士となって切に断食祈祷を捧げて命がけの救霊愛を持ってこの地の救いの為に立ち上がりましょう。十字架の血潮にすがりついて王なる神様に祈って嘆願しましょう。その本気の信仰を見て王であり父である神様は必ず答えて下さいます。

「王は彼女に言った。「どうしたのだ。王妃エステル。何がほしいのか。王国の半分でも、あなたにやれるのだが。」(エス五・三)。これを読むあなたが破れを繕うもの、サタンの霊的迫害と策略を打ち破るリバイバリスト・エステルになって下さい。王なる神様があなたの勇気ある信仰と救霊への情熱を感動されて、語られたならばその御言葉は誰も取り消すことも閉じることもできないリバイバルの扉を開きます。

「…この日に王の命令とその法令が実施された。この日に、ユダヤ人(クリスチャン)の敵(サタン)がユダヤ人を征服しようと望んでいたのに、それが一変して、ユダヤ人が自分たちを憎む者たちを征服することとなった。」(エス九・一)。

「諸州の首長、太守、総督、王の役人もみな、ユダヤ人を助けた。彼らはモルデカイ(イエス様)を恐れたからである。というのは、モルデカイは王宮で勢力があり、その名声はすべての州に広がっており、モルデカイはますます勢力を伸ばす人物だったからである。」(エス九・三、四)。

エステルが立ち上がるとユダヤ人全体も背後でエステルを動かし、動機付けていた本当の重要人物、ユダヤ人の救いモルデカイを知るようになりました。私たちのモルデカイなる救い主イエス・キリストを世界が知るようになるのも今の私たちの信仰の決断と献身的勇気ある信仰の行動にかかっております。なぜ、私たちは多くの人々の中から選ばれて救われたのでしょうか。なぜ、私たちの国籍は何もしていないのにすでに王宮のような天国に置かれているのでしょうか。理由があります。振り返ってモルデカイのエステルへの助言の言葉に耳を傾けてみましょう。

「あなたはすべてのユダヤ人から離れて王宮にいるから助かるだろうと考えてはならない。もし、あなたがこのような時に沈黙を守るなら、別の所から、助けと救いがユダヤ人のために起ころう。しかしあなたも、あなたの父の家も滅びよう。あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、この時のためであるかもしれない。」(エス四・十三、十四)。

さあ、イエス様の招きに答えて勇士エステルのように献身的に立ち上がりましょう。あなたの力が今、この国を救うのです。

「王の諸州にいるほかのユダヤ人も団結して、自分たちのいのちを守り、彼らの敵を除いて休みを得た。…その十四日には彼らは休んで、その日を祝宴と喜びの日とした。」(エス九・十六、十七)。

あなたは主にとって決して小さくありません。あなたが主の勇士であることを自覚して目覚めて立ち上がる時、リバイバルは全地に広がり、教会は団結して自らの霊的いのちを守り、敵なるサタンを除き去り全面勝利できるのです。まもなく、すべての敵が消え去る全き安息の日、小羊イエスの大いなる祝宴と喜びの日である再臨が訪れます。その前に終末最後のリバイバルも訪れます。すべての民が目覚める偉大なリバイバルの発火点であり鍵である金のしゃく、イエス様の十字架の血潮にまみれた木を勇気と献身的いのちをかけた本物の信仰でつかんで、すべての支配権ある王なる御父に熱く嘆願して祈りましょう。

 

私の妻が聖霊のバプテスマを受けた時、イエス様の十字架を見たそうです。その証しによると妻は始め、聖霊様を求めて一人部屋にこもり、正座しながら壁に向かって真剣に祈りました。すると程なく目の前に開かれた幻が見えてきました。細く険しく曲がりくねった危険な道に歩く自分自身とそこに数頭のほえたける大きなライオンが現われ、繰り返し幻の自分に襲いかかろうとジャンプしながら接近し、おびやかしてきました。やがてライオンたちは前後に妻を包囲し、もうこれ以上進むことも戻ることもできなくなった恐怖の只中、突然神様の御声が天からはっきりと聞こえて来ました。「わが子よ。恐れてはいけません。そのライオンをよく観察しなさい。その口を見なさい。すべての牙はすでに抜かれているではありませんか。その足を見なさい。すべてのつめもすでに抜かれているではありませんか。」妻が見ると確かに危害を加えることのできるあらゆる鋭いものはすべて除かれており、ただジャンプとほえたける大声でおどかしているだけであることに気付かされました。そこで思いきって前進するとその瞬間ライオンは一匹残らずその場から消え去り、かわりに道行く前方に十字架にかけられたイエス様が現われてきました。妻の心に衝撃が走りました。今までイエス様の十字架について目にしたどんな美しい聖絵とも異なり、幻で直視した実際のイエス様は全身ひどく血潮にまみれたひどい悲惨な状態だったからです。いばらの冠を受けた頭から大量の血が長い髪の毛をぬらしながらしたたり落ち、イエス様ご自身目を開けられないほど御顔を赤く染めていました。妻はその時にイエス様の血潮を受けて聖霊のバプテスマを体験し救われました。すると場面は一変して美しく輝く天国の情景が現われました。そこには黄金の都と大いなる空が無限に広がり、この世で見たこともない美しい花々がすばらしい香りを放ちながら咲き乱れ、聖なる讃美が天国中に鳴り響き、表現できないレベルの幸福感が心を支配し満たしていました。ところが、幸福もつかのま足元のはるかに低くなった外側の別世界を眺めると正反対の色彩を放つ暗闇の地獄が実在するではありませんか。幻を見つめているうちに人々の大群衆が列を成して行進するのが見えてきました。人々は互いに楽しそうな日常会話に夢中になって一体自分が今何処に居るのか何処に向かって行進しているのかも分からずにただひたすら目先の会話に夢中になって恐ろしい絶壁をもつ崖に向かって勢い良く行進しているのです。「これは大変だ!。誰かがこの滅びに突き進む大行進を止めなければいけない!。」と思いつつ、涙で力の限り大声で叫んで彼らに警告しました。しかし、人々は一向に会話に夢中になって歩き続けていました。崖の下には既に滅びた多くの魂が恐ろしい骸骨となって積み重なっては焼かれていたそうです。滅びに至る道は広く多くの人々が歩みます。しかし、どうしても強い決断を持ってこの世と調子を合わせることなく勇気と信仰を持って進み行かねばならない唯一真の細く険しい道こそイエス様のおられる十字架の道、血潮の道、天国の道なのです。