ショッピング


                                  

                                      放蕩息子のたとえ話

ルカによる福音書15:11-32

またこう話された。「ある人に息子がふたりあった。弟が父に、『おとうさん。私に財産の分け前を下さい。』と言った。それで父は、身代をふたりに分けてやった。それから、幾日もたたぬうちに、弟は、何もかもまとめて遠い国に旅立った。そして、そこで放蕩して湯水のように財産を使ってしまった。何もかも使い果たした

あとで、その国に大ききんが起こり、彼は食べるにも困り始めた。それで、その国のある人のもとに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって、豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいほどであったが、だれひとり彼に与えようとはしなかった。しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。『父のところには、パンのあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、飢え死にしそうだ。立って、父のところに行って、こう言おう。

「おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。息子は言った。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』ところが父親は、しもべたちに言った。『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』そして彼らは祝宴を始めた。

ところで、兄息子は畑にいたが、帰って来て家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえて来た。それで、しもべのひとりを呼んで、これはいったい何事かと尋ねると、しもべは言った。『弟さんがお帰りになったのです。無事な姿をお迎えしたというので、おとうさんが、肥えた子牛をほふらせなさったのです。』すると、兄はおこって、家にはいろうともしなかった。それで、父が出て来て、いろいろなだめてみた。しかし兄は父にこう言った。『ご覧なさい。長年の間、私はおとうさんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しめと言って、山羊一匹下さったことがありません。それなのに、遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰って来たこのあなたの息子のためには、肥えた子牛をほふらせなさったのですか。』父は彼に言った。『おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか。』」

誰もが一度は何の制約も無く思いっきりショッピングを楽しみたいと願います。そんな夢を大胆に行動に移したある息子の話があります。

本文に登場する寛大な父親は父なる神様を、二人の子供たちはクリスチャンを象徴します。

神様は私たちに対して寛大であられ、父が求める弟息子に財産の分け前を与えたように、豊かな神様はすべて求めるものには与え、体験的な教育を重んじられます。たとえ求める財産の使用目的が放蕩であったとしても、神様は自由意志を与えられたすべての人間に命と時間と自由を与え、時にある程度の富さえ与え、すべての自由行動をゆるし学ばせておられます。しかし、人はだれでも行なった行動には責任がともない、蒔いたものを刈り取るように、後には行動にふさわしい結果を刈り取る体験をします。本文の放蕩息子の場合、自らの選択で放蕩ショッピングをしましたが、父はあえてこれをゆるされ大きな財産以上に大きな体験教育を与えました。神様はこの世の朽ちていく物質的な祝福以上に私たちの朽ちない精神的な修養や内なる霊的信仰の育成をもっと重要なものと考えられます。

神様は今もこの時間与えられたすべてのものの中で私たちがいかに万物を用いるのかを静かに見つめておられます。

異国の地で遊女におぼれ、湯水のように財産を使い果たした弟息子が最終的に身を寄せたある家の主人は彼を豚の世話人に仕立てました。霊的には豚は異教の偶像崇拝者になるまで堕落した姿です。環境的には大飢饉も重なり豚の食べるいなご豆さえ食べたいほど飢えた弟息子でしたが、そこにまことの救いも愛もありませんでした。このように惨めに砕かれた弟息子でしたが唯一の救いは帰る家を知っていたことです。霊的解釈では教会を指します。悔い改めてわが家に帰る放蕩息子のために準備されていたものは何だったでしょうか。まずは父の大歓迎です。豚の世話までしてすっかり悪臭が染み付き髪もひげも伸び放題に汚れきったぼろをまとう放蕩息子を父は抱きしめて口づけまでしてありのまま受け入れました。そこには一切、過去の放蕩生活の失態を責め立てる言葉はなく、ただ無条件の愛と許しと恵みだけがありました。これこそまことに父なる神様の心そのものです。

ここに目立たないけど重要な使命を忠実に果たすひとりのしもべが登場します。「」この無名なしもべは聖霊様を象徴しています。どんなに多くの祝福を父が備えていても、このしもべが中間で奉仕して働かなければその恵みはいぜん弟息子の所まで届きません。同様にただ聖霊様だけが忠実に父なる神様の準備された数々の祝福を悔い改めて御前に帰る私たちの所へ静かに運んで来てくださるお方です。

聖霊様がもたらす数々の祝福とは、第一に一番良い着物です。これは霊的解釈ではイエス・キリストを着る救いの恵み体験です。罪の恥を完全に覆う衣のようにイエス様を信じると救われ、聖霊様に満たされ喜びと賛美の外套を身にまとえます。

第二の祝福は指輪です。父が実の子にだけ与えるこの指輪は霊的解釈では神様の子供となる和解の恵みを意味します。

第三に靴をいただけます。当時、貧しい身分の人々は靴さえなく裸足で歩いていました。放蕩して帰ってきた弟息子の足に与えられた新しい靴とは物質的な祝福を意味し、父なる神様に帰る人には貧困の呪いが取り去られ文化的で豊かな生活が用意されています。

第四に肥えた子牛を引いてきてほふる祝福があります。やせ細って栄養失調状態で帰ってきた放蕩息子がこれを食べると元気になり健康で豊かな栄養を十分摂取できます。私たちにとってこのような体調回復の祝福とは癒しと健康です。

第五に父と共に音楽と踊りで喜ぶ祝宴開催の祝福です。祝宴とは霊的解釈ではやがて訪れるイエス様の空中再臨に伴う空中七年婚宴と父なる神様が共におられる天国の礼拝です。ハレルヤ。私たちは皆、復活の新しい天国の体をいただいて喜び満ちてお祝いできます。

 さらにここにはもうひとつのメッセージがあります。弟息子はその放蕩三昧の生活態度を振り返ると到底認められない人物ですが、結局、寛大な父親から数々の祝福を受けられた秘訣として見習うべき点もあります。それは、帰る家を知っていたこと。堕落した只中でも逆境を通じて父の子供としての身分を思い出したこと。悔い改めて父のふところに立ち返った実際的行動等があげられますが、もうひとつ大切なことは父に対するよきイメージです。裕福で許しに富んだよき父親像を抱いていたことです。

弟息子は信じたとおり寛大で豊かな父を体験しました。一方、兄息子は律法主義的でまじめだったけれど、父はけちな心の狭い人物であると誤ったイメージを持ち、その心は父から遠く離れた喜びの無い生活をしていました。彼の言葉にその思いは表れています。「ご覧なさい。長年の間、私はおとうさんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しめと言って、子山羊一匹下さったことがありません。それなのに、…」

しかし、実際には大変寛大で決してけちではないむしろ非常に豊かな父だったのです。同じ父の元にいる兄弟でもその父に対するイメージの違いは大きいです。父なる神様に対するイメージの違いが重大です。信仰生活は信じたとおりに父なる神様を体験するからです。

「あなたは、恵み深い者には、恵み深く、全き者には、全くあられ、きよい者には、きよく、曲がった者には、ねじ曲げる方。」(詩篇18:25,26)

よき父は放蕩生活から立ち返ってきた弟息子に良いものを無条件で与えたいのです。最上の着物と指輪と…いろいろ良いものを。それが父の愛の心だからです。今、父なる神様も私たちに多くの良いものを与えることを願っておられます。もし、放蕩帰りの弟息子が父のプレゼントを拒んだらどうなったでしょうか。「お父さん。私にはもらう資格が無いから、多くの優れた品々はいりませんよ。ただくつだけ下さい。それでじゅうぶんなのです。…」当然父は心が痛むでしょう。父はすべてをあげたいのです。最上のもので愛するわが子を素晴らしく飾ってあげたいのです。私たちも父なる神様の準備された最上のプレゼントを信仰ですべていただきましょう。決してこのように言わないようにしましょう。「父なる神様。私は一番良い救いの着物イエス様は信じていただきます。指輪の福音も信じて父なる神様の子になります。しかし、教団の教えが違うので、それでじゅうぶんなのです。物質的に豊かになれるくつの福音はいりません。私は信じたとおりに清く豊かではなく、清く貧しく過ごします。それが敬虔な信者だと思います。今の時代、子牛を食べて健康になる病のいやしの福音も奇跡を信じられないのでいりません。喜びと賛美の祝宴、教会に礼拝に行くことはちょっと…」私たちはすべての福音をありのまま信じていただきましょう。