友だち


 

              旅人のそばめ  

 士師記二十章には驚くような現実の人間の罪悪の歴史が記録されています。始め私がこの聖書箇所を読んだときは正直気持ちが悪いと思いましたが、よく祈ってから十字架の血潮を照らし合わせて霊的に解釈してみるとここも大切な無視できない真理を啓示する神様の御言葉であり、本当の友だちを得る良き方法を啓示していることが分かりました。

 一人の老人がある晩、ベニヤミン族の住むギブアの町の広場で野宿しようとしている旅人を憐れみ、特別に自分の家に泊めてあげることにしました。その理由は町の広場には堕落した民が満ち、男色の風習さえある大変危険な所だったからです。老人は旅人を喜んで迎え入れ、ロバに馬草を与え、足を洗って、食べたり飲んだりしながら共に楽しんでいました。ところが夜もふけかけたころ、突然家じゅうを揺さぶるような破壊的なこぶしでドアを激しく叩き続ける音が鳴り響いてきました。「ダン。ダン。ダン。」実にその町の男色の風習あるよこしまな男たちが情欲に満ちて老人の家を取り囲んで叫んでいたのです。「あなたの家に来たあの男を引き出せ、あの男が知りたい!」執拗に迫り来る町の堕落した男たちに老人は必死に抵抗して叫びました。「いけない。兄弟たちよ。どうか悪いことはしないでくれ。…」

 しかし、老人の説得にも男たちが一向に応じることなく、今や家のドアも力ずくで打ち破らんばかりになったため老人は旅人を守るため残された最後の手段をとりました。旅人の身代わりにそばめをつかんで外の男たちの所へそのまま出したのです。情欲と汚れに満ちた男たちはいっせいにそのそばめに襲いかかり夜通し朝まで暴行を加え、夜が明ける頃やっと彼女を放したのです。翌朝、旅人が外に出るとそばめが家の入り口に倒れたまま死んでいるのを確認しました。そこで旅人は家に入り当時の風習によって刀を取りだし、驚くことにそばめの死体を十二の部分に切り分けて、それぞれの部分をイスラエルの部族ごとに一つずつ輸送したのです。小包を受け取った族長たちは開いてびっくり仰天です。開いた口が閉まらない族長たちは事の重大さに目が覚めて、大至急イスラエル中の十一部族を招集して大会議場である「ミッパの主のところ」に集合しました。イスラエルの全部族、民全体の頭たち、四十万の剣を使う戦士が神様の民の集いに総動員されました。目的はただ一つ、男色の風習に身を委ね、全く悔い改めようとも恥ようともしない鉄面皮のようなギブアの町に住むベニヤミン族に対して、イスラエルの十一部族は主の御心を求めて後、一致団結して立ち上がり、イスラエルから悪を除き去るための聖戦をついに開戦したのです。今まで眠りについていた十一部族が始めて目覚めて自発的に立ち上がったのです。まさに罪悪と戦うリバイバルの始まりです。彼らは必死に主にすがり、断食礼拝で身を聖め、戦士たちは剣を手に手に聖戦を繰り広げ、最後に十一部族はこの戦争でイスラエルから堕落しきった一部族を聖絶して彼らの町ギブアを焼き払うこととなりました。

 人間の罪はこのように恐ろしい燃える火のようです。罪と汚れはことごとく聖絶して焼き尽くすしかありません。しかしながら今の時代、いまだ多くの力ある神様のイスラエルは霊的に眠っている状態です。日々、展開されるべき聖戦である罪悪や肉欲との戦いに気づかないでのんびり妥協したまま参戦できない本当は目覚めたら凄く力ある勇士たちがあまりにもたくさん寝ています。眠れる神様の民を目覚めさせ、勇士とならせる唯一の切り札があります。この国を目覚めさせ、教団教派を超越した教会の一致をもたらし、全クリスチャンを聖戦へと立ち上がらせるリバイバルの鍵がまだあります。もともと罪悪に対する戦いの認識が甘かったイスラエル十一部族でさえ本気で立ち上がらせる動機付けを与えた起爆剤とは一体なんだったでしょうか。それは堕落したギブアの町の罪悪とは一切関係なく、ただ犠牲となりただ身代わりとなり殺された無実なそばめ、その人でした。皮肉にも元気に生きている時のそばめではなく死んだ後の悲惨なそばめです。そばめの死体をイスラエルの国中へ送りつけたそのことが引き金となって十一部族の開眼となりリバイバルの原動力となったのです。死体の一部を実際に受け取って直接見た十一部族が始めて事の重大性を悟り、本気に目覚めてミツパの町、主の所に本物の友となって集まり、罪悪に対する聖戦を開戦し勝利したのです。

今、私たちもまた絶対受け取り、見つめなければならない姿がここにあります。それは十字架の上で手足を釘打たれ血潮を流し、肉体をむちで裂かれた救い主イエス様です。このお方を直視しこのお方を語らなければ誰でも霊の深い睡眠状態から目覚めることはできません。罪なき神様の御子が罪ある世界のために犠牲の死を遂げたのです。こんな偉大な神様の御子の血潮にまみれたその姿こそ私たちを霊の眠りから目覚めさせ、罪悪の本質を悟らせ、罪を憎み、罪を敵として聖戦を始める聖なる勇士へと変化させるのです。十字架のイエス、その血潮にまみれた姿を恐れないで真剣に見つめましょう。開かれた小包を自ら手にとってしっかり見つめる族長たちのように、ふるえながら、感動的な心をもってイエス様の血潮と肉体を自分のものとして受け取ることです。必ず目覚めて、奮い立つ新鮮な命の力が流れてきます。今まで隠れていた罪悪が浮き彫りにされ、これと戦い聖絶する勇気と信仰と行動力が流れてきます。そしてイエス様の血潮は私たちを世界の罪悪を滅ぼす大きな神様の軍隊へと成長させるのです。イエス様の十字架を直視しましょう。私たちの心と体が弱い時、世を歩んで疲れ倒れる時、神様の愛が見えなくなった時、ただひとり十字架を見上げることです。私たちの愛するお方の傷ついた血潮にまみれた御姿を。どんなに深く大いなる犠牲愛でしょうか。罪を敵として罪に妥協することなく命をかけて戦いぬかれた勝利の主です。イエス様の十字架の血潮を見続ければ、力ある主の勇士と変えられてどんな罪の誘惑にも打ち勝てます。イエス様の血潮は私たちの聖めで、積極的に聖戦にかりたたせる救いの力です。今の終末の時代こそ神様の民は皆、真実な友となって教団、教派を越えてイエス様の十字架を仰いで立ち上がり「ミツパの主のところ」へ、神様のイスラエル軍として集合するべきその時です。一致団結して霊の戦いに奮い立つその時が今です。ミツパの町の名前の意味は「見張る場所」「物見やぐら」です。主は今、罪悪との戦いに昼も夜も本当に目覚めた霊的に戦う教会や戦う個人の所におられます。共に十字架で血潮にまみれたイエス様の御姿を私たちの唯一の誇りとして信仰の目でしっかり直視して聖なる感化を受けて信仰が大きく覚醒されましょう。

「あなたがたはまだ、罪と戦って、血を流すまで抵抗したことがありません。」(ヘブル一二・四)

 十字架で血潮を流すまで私たちの罪と戦われたイエス様を模範として見つめて目覚め、勇士となって罪を敵視して憎み、強く雄々しく聖戦に立ち上がって御言葉の剣を高く振りかざしましょう。ただイエス様の血潮が正義の原動力です。

 

                 裂いて渡されたパン

 ルカ二十四章三十節によると、エマオ途上にいた弟子たち二人は、復活されたイエス様御自身に道で出会い、共に歩み、聖書の話しを聞き、心が熱く燃やされ、夕食の席までも共にしたのに、不思議なことに彼がイエス様御自身であることがわからなかったと書かれてあります。世界最高水準の旧約聖書講解メッセージを直接イエス様からお聞きする光栄に預かれたのに霊的に鈍い二人はイエス様が悟れなかったのです。しかしこのような二人の閉ざされた霊の目が開かれ、そこにおられる旅の友がなんと主イエス御自身であることを本当に悟れたきっかけとなった出来事はイエス様がパンを裂いて彼らに与えられたまさにその瞬間のことでした。

 今の時代も繰り返し聖書の話しを聞き、心熱くされますが、私たちの霊の目が開かれ、友なるイエス様を本当に知ることができる神様との劇的出会いの体験は十字架の言葉であり、イエス様の肉が十字架上パンを裂くように裂かれて血潮を流されたという神様の御子の身代わりの犠牲愛、この真理をイエス様より直接受け取るその時です。現実に十字架についたイエス様の血潮を見上げない限り、本当の信仰は生じません。

 私は一度、夢でピラトの庭でムチ打たれた直後のイエス様を見たことがあります。私は彼がイエス様御自身であることがなぜか分からないけれど霊のうちですぐわかりました。イエス様はムチ打たれた後、体をひきずるようにして私のそばに来てそこで倒れました。そのイエス様の御体は驚くほど深い無数のムチ打ちの傷跡がついたまま真っ赤な血まみれ状態でした。そこで私は早く救急車を呼ばないと、このまま放っておけば出血多量のまま死んでしまうと思い、心が震えながら近づいてみました。よく近くで見るとイエス様は当時の私のイメージとは少し違い、黒っぽい髪をしたユダヤ人の好青年という感じでした。私のイメージではもっと年配で金髪のイエス様でしたが、まだ若い三十三歳の普通の若者でした。イエス様のひとみには驚かされました。多くの人を惹きつけるような本当に清らかで聖なる美しい目でした。しかし、その表情はむち打ちと暴力により、激しい苦痛に満ちたものであり、白い歯を食いしばりながら、ひたすら耐え忍ばれているようでした。私はイエス様の苦しみもがく御姿を見つめるうちに感情を制することができなくなって、そこで大声をあげて泣き出して「イエス様!。」と叫びながら彼に抱きつきました。するとその瞬間、イエス様の全身驚くほど血まみれだったその赤い大量の血潮が私の両手にも移ってしまい私も血まみれで真っ赤になったのです。ところがなんの不快感もなくむしろイエス様の血潮は人を聖める力がありました。不思議なことにイエス様の血潮を受けるや否や、私の唇からは次々と私自身の罪の告白が何の抵抗もなくスムーズに出てきたのです。普段ならば一時間位祈らないとすぐには心底出来ない悔い改めもイエス様の血潮を受けると速やかにしかも自発的にどんどん出てきたのです。私だけでなくイエス様の血潮に触れられた人ならば誰でも心からすぐに悔い改めたくなるものだと思います。悔い改めが自然に楽しくなるのです。そこで私は目覚めました。目覚めた後も心は熱く、目には涙でした。

 イエス様が十字架につけられ血潮にまみれて激痛を受けられたのは、私たちを罪の世から救って本当に神様に仕える御自身の聖なる民として聖別するためでした。イエス様の犠牲を思う時、ただ感謝せずにはおられません。何を持ってしてこの純粋な聖い愛に答えてお返し出来ましょうか。十字架で身体が裂かれた命のパンなるイエス様に触れれば、閉ざされた霊の目が開いて救いと聖めが受けられます。

             

                 いちじく桑の木

 取税人の頭ザアカイは、頭としての権力も地位も財産も十分ありましたが、これら環境的要因では心が依然満たされず、環境によらない普遍の愛と全き救いに対する飢え乾きが強くありました。そこでエリコに来られた愛の救い主イエス様を一目見ようと群衆に紛れ込みましたが、背が低かったので群衆が壁となり、どんなに背伸びしてもみても人々の背中しか見ることが出来ません。友も無く嫌われ者のザアカイを前方に出してくれる親切な人もありません。この事実は象徴的に元来、ザアカイのように汚れた罪人が聖い神様に出会うことは、罪の呪いや不信仰が隔ての壁となり、どんなに背伸びをしてみても見ることさえ不可能であることを暗示しています。しかし、ここに希望の福音があります。誰であれ、真理を求める熱心さえあれば、主との出会いの奇蹟を可能にする一つの救いも準備されていました。ザアカイの登ったいちじく桑の木です。

 この木は幹が短く枝は四方に伸びているため、子供でもたやすく登れる木であり、小柄なザアカイでも登ることが出来ました。ごくありふれた木ですが、これにより、そこからイエス様を見つめることができ、主との出会いを可能にし、救いの道が開かれたのです。

 私たちにもこの木のような主なる神様との出会いを可能にする登りやすく、ありふれた木だけれど確かに不可能を可能にマイナスをプラスにする大切な木があるのです。それがイエス様のつけられた荒削りの十字架の木です。十字架の言葉は滅びに至るものには愚かであっても、救いを受ける私たちには神様の力であり、登りやすいいちじく桑の木のように、十字架による救いもたやすく全ての人の為に準備されており、子供にも理解出来る簡単な教理であって、ただ信じるだけで、罪赦され、救われるのです。人間の努力や苦行や善行によらず、ただ恵みのゆえに信仰だけで救われてたやすく神様の子供になれるのです。今、声に出してこう告白し、これを心で本当に信じて下さい。その時あなたはただで救いを受け取れます。

「天の父なる神様、感謝いたします。今、信仰を持って御前に進み行きます。私は今まで私を造られ命を下さった創造主の神様から離れて罪人として生きてきました。私は罪を悔い改めます。罪なき神様の一人子イエス・キリストが私の罪の身代わりとなって十字架にかかり、血潮を流して死んで、三日目に死人の中からよみがえられたことを私は信じます。イエス様の貴い血潮で私を洗い聖め、復活の命で満たして下さい。私は救い主イエス・キリストを心の王座に受け入れます。助け主、聖霊様を私の心に与えて下さり、今から永遠まで主と共に生きていけますようにお導き下さい。全ての罪から私を守り、御言葉の力で成長を与えて下さい。イエス様の血潮により契約が結ばれた今、神様は永遠に私の父となり、私は永遠に神様の子供とされ、友とされたことを宣言いたします。私は救われました。私は勝利しました。感謝します。主イエス・キリストの御名によって、心からお祈りいたします。アーメン。」