爆破


               

ドュナミス爆弾

 

私は小学生の時、まじめでとても頭がさえました。特に5,6年生の頃は今でも記念保存していますが、ほとんどのテストが100点ばかりでした。そんなある日、ダイナマイトを作ろうと思いました。いつも使っている爆竹花火を大量購入し、人手不足解消に、お友達の家に行きました。そしてお友達の協力を得て爆竹花火の一本一本をカッターナイフで丁寧に切ってはほぐし、中身の火薬を全部かき集めました。一本の爆竹をほぐしてもわずか0.何グラムしか採取できませんが、当時、私はまじめだったので一生懸命、心をこめて一本一本の爆竹を丁寧にほぐしては器に入れ、何時間もかけて最後には導火線も通して小型ダイナマイトが完成しました!期待を胸にこれをベランダに設置して着火すると「ドカン!」想像以上の爆音と共にガラス全部が割れるかと思うほどベランダがビリビリ振動しました。そのとき私の心もビリビリ震えて感動し決意しました。「よし、今度はもっと火薬増量版の大きなダイナマイトを作ろう!」決意を新たに大量の爆竹を再購入し、また一本一本をほぐす気の遠くなるような作業を再開しました。まじめにほぐしては微量ずつ器に入れる。永遠とこの繰り返しの後、何時間たったでしょうか、両手と鼻の穴が火薬で真っ黒になった頃、増量版第二号がついに完成しました!「ヤッター!」お友達と喜び踊りながら爆破場所を近所の曙公園に定めて全力で走り出しました。いつもお世話になっている曙公園を突き飛ばしてあげようと思ったからです。現場に到着するとちょうど子供たちの作った山が砂場に備えてありました。そこでその砂山を占拠して頂上付近から真っ直ぐ増量版第二号を差し込んでライター片手に叫びました。「爆発するぞ!みんな逃げろ!」そして導火線に着火して全速力で逃げさりつつ振り返ると、その時「ポン!」と低めのにぶい音がして公園全体ではなく砂山の頂上付近だけわずかに吹飛びました。「あれ?」その後のまじめな現場検証で私は悟りました。「ダイナマイトは砂地のような柔らかい場所ではなく、ベランダのような固い場所に設置して発破したほうが破壊力が絶大になるのだ!」

「イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっています。しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:7,8)

イエス様が教えてくださった聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、受けられる「力」とは、ギリシャ語のドゥナミスがここに使われています。この言葉の派生語がダイナマイトです。そうです聖霊の国家を復興するほどの大きな力とは本来、ダイナマイトのような強烈な破壊力なのです。聖霊の力は心の地盤が砂地のように柔らかな、一見素直で容易に何でも受け入れる人より、時に福音宣教に対して頑固に敵対する迫害者のような人のほうが、いったんさく裂するとその壊れ方は凄まじく激変することがあります。絶対、聖書を受け入れないかたくなだった人が、壊されて福音化されると、誰よりも熱心な伝道者になるということがあります。最も硬い律法的迫害者だったサウロが史上最大の伝道者パウロへ生まれ変わったように!大きな視野では日本国全体も頑固で硬い霊的状態に思えますが、実はこんな国こそいったん聖霊のドゥナミス爆弾がダイナマイトのごとくさく裂したならば、「ドカン!」と大きく変えられる可能性があるのです。ハレルヤ!