7つの封印


               

                       七つの封印

 

また、私は、御座にすわっておられる方の右の手に巻き物があるのを見た。それは内側にも外側にも文字が書きしるされ、七つの封印で封じられていた。また私は、ひとりの強い御使いが、大声でふれ広めて、「巻き物を開いて、封印を解くのにふさわしい者はだれか。」と言っているのを見た。しかし、天にも、地にも、地の下にも、だれひとりその巻き物を開くことのできる者はなく、見ることのできる者もいなかった。巻き物を開くのにも、見るのにも、ふさわしい者がだれも見つからなかったので、私は激しく泣いていた。すると、長老のひとりが、私に言った。「泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。」(黙示録5:1-5)

 

私が札幌にいた頃、いつものように大通公園へ伝道に行くと数十名の若者たちからなるクリスチャンの群れが芝生の上で輪になって立ち、元気に賛美していました。当時流行のアップテンポなリズムのゴスペルソングです。「♪今まで、あなたの燃える愛に、気付かずに歩んできました。でも今、深い哀れみのゆえに、あなたはあがなってくださいました。主ーよ。誰よりもあなたを愛し、誰よりもあなたを求め、いつもあなたと交わるなら・・・」嬉しくなった私はその輪に飛び込んで「ハレルヤ!どこの教会の方ですか!」とニコニコしながら話しかけ一緒に賛美をしようとすると、彼らは全員、互いに顔を見合わせながらニヤニヤと非常に不気味でいやな笑いをしてフレンドリーに接した私を無視して問い掛けに答えません。「何か雰囲気がおかしい!」と思ったその瞬間、聖霊様が私に臨まれて霊を見分ける力の賜物が働きました。そのため、突然どこからともなく人糞の強烈な悪臭が周囲を満たしました。「くさい!だからこれは汚れた霊だ!」そう思ったとき、彼らひとりひとりの足元に置かれていたアンケート用紙のファイルに気付きました。「あ!これは統一原理協会の異端グループだ!」私は悪臭ゆえに気付かされ、輪を離れました。彼らは私が伝道する際、しばし妨げる人たちでした。異様な群れの賛美終了後、彼らは気合を入れて叫んでから勧誘活動の為、いっせいにクモの子が散るように四方八方にアンケート用紙片手に走って散っていきました。考えてみると彼らの歌っていたゴスペルソング自体はもともと素晴らしい賛美だけれど「♪主ーよ」と歌われた歌詞全体には一切「イエス様」の御名と「十字架」の言葉と「血潮」は含まれていない曲であり、異端さえもこれらのキーワードを含まない「主」「あなた」という賛美なら堂々と盗んで歌っているのです!驚きました。もっとも彼らの歌う対象の主はイエス様ではありません。賛美をつくる時、できるだけ敵に盗まれないようイエス様の御名と十字架血潮をキーワードにほめたたえる賛美が望ましいです。更に考えると、あの人糞の強烈なにおいの元はすぐ近くにあった植え込み花壇の肥料であったと分かりました。その悪臭を用いて聖霊様は私に状況を適切に教えて下さいました。ところで彼ら異端者は熱心だけれども礼拝の対象が根本的に間違っています。救い主が誰であるかを始めから誤認しています。他にも無数の神々と呼ばれるものや各種の宗教がありますが、救い主にふさわしい神様は唯一イエス・キリストだけです。では、なぜイエス様だけが全世界の救い主にふさわしい唯一のお方なのかをお話しましょう。

「あなたがたが主によって祝福されるように。主は、天と地を造られた方である。天は、主の天である。しかし、地は、人の子らに与えられた。」(詩篇115:15,16)

創めに神様が天地を造られ、今でも天国は神様のもの、悪魔には永遠に奪われませんが、この地上は「人の子らに与えられた」ので、その支配権は人間にゆだねられています。この地上を神様の栄光の為に用いて栄光を帰すか、罪を犯して悪魔に手渡すかは一切、人間の選択次第でした。愛の神様は人間をロボットには作られず、自発的に神様の言葉に従って生きる自由も、背いて罪と罪の主人なるサタンに従って生きる自由さえも与えられました。神様の御心は根本的に人間が神様の愛の命令に自発的に従って生き、祝福されることである事が次の御言葉によく表れています。

神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」(創世記1:28)神様は確かに最初の人間アダムとエバを祝福して子孫の繁栄と万物の支配権を与えられました。ところがアダムとエバは天国から追放され、地上のエデンにやってきたサタンに誘惑されて、心を汚し、自由意志を乱用し、自らの判断で善悪の木の実を取って食べることを選択し、神様の禁止令よりサタンの言葉に従い、神様の支配下よりサタンの支配下に身を置く行動を取り、堕落した罪人になってしまいました。これは取り返しのきかない人類史上最大の過ちです。

「あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。」(ローマ6:16)

アダムとエバが善悪の木の実を取って食べたということは、合法的に神様との愛と忠実の契約は破られ、罪の奴隷に転落し、地球の支配権もろとも、その服従した相手である罪の主人サタンに身売りする行為だったのです。悲しいことに罪人に転落したアダムが自分と同じく罪人である子孫たちを生み、ふえ、地を満たし続けました。まさに人は生まれつき奴隷の子孫である奴隷の身分、生まれつきすでに売られた存在として地球の支配権を持たないものとなったのです。ノアの時代、主は仰せられました。「それで、神はノアと、その息子たちを祝福して、彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地に満ちよ。」(創世記9:1)愛の神様の御心は変わらず人を祝福することですが、アダム以降はすべて「地を従えよ。」(創世記1:28)という創世当初にあった支配権が人間から喪失した為、命じられていません。人間が地球を従わせる支配権を行使できない!そして自らも自分を救えない売られた罪の奴隷の立場!このことのゆえに人類史にはいつも悲劇が繰り返されたのです!コントロールできなくなった地球と人類ゆえの地震、疫病、戦争、汚れ、殺人、偶像崇拝・・・まさにアダム一人の堕落が全人類まで波及した全面的な地球規模の堕落となったのです!誰もが認めたくないけれどこれが現実の世界の実態です。もはや支配権なきコントロール不能な個人と地球環境です。使徒ヨハネが天国で目撃した七つの封印で封じられていた巻き物とはまさに地球とそこに住む全人類の権利証書です。

古代ユダヤでは、貧しくなって土地を管理できなくなった破産者が自らと土地をセットに身売りするケースがしばしありました。この場合、購入者は土地とその破産者両方を引き受け、その破産者を購入以降、土地を耕す小作人としてそのまま雇って働かせることになります。そして、売買の際は売り手と買い手双方が同じ内容の契約書を巻物として互いに持ち、七つの封印をします。その目的は、あるいは身売りした破産者である小作人が後に豊かにさえなれれば、あるいは買い戻せるという哀れみの希望的観測から、買い戻しの権利が認められていたからです。

「あなたがたの所有するどの土地にも、その土地の買い戻しの権利を認めなければならない。もし、あなたの兄弟が貧しくなり、その所有地を売ったなら、買い戻しの権利のある親類が来て、兄弟の売ったものを買い戻さなければならない。」(レビ記25:24,25)

ただし、そのときは契約書に記された条件すべてを満たして代価を支払わなければ到底買い戻せません。このような事情で契約書の巻き物は大切に金庫保管されていたのですが、使徒ヨハネが見た神様の御手にある巻き物こそ、アダムの判断ミスによる大失敗によってサタンに売り飛ばされた地球と人類の命運を分ける権利証書です。ところが七つの封印を解いて記された条件をすべて満たして買い戻せる実力ある該当者がどこにも見当たらなかったので、このままでは永遠にサタンに売られたまま地球と人類は奴隷のまま失われてしまうことを悟った使徒ヨハネは、全人類を代表して涙なき天国で激しく号泣したのです。

「ひとりの強い御使いが、大声でふれ広めて、「巻き物を開いて、封印を解くのにふさわしい者はだれか。」と言っているのを見た。しかし、天にも、地にも、地の下にも、だれひとりその巻き物を開くことのできる者はなく、見ることのできる者もいなかった。巻き物を開くのにも、見るのにも、ふさわしい者がだれも見つからなかったので、私は激しく泣いていた。」(黙示録5:2-4)

使徒ヨハネのリサーチは深いです。彼は単純に天国だけを眺めたのではなく、「天」も、「地」も、「地の下」さえもその巻き物を開くことのできる者はいないか真剣に捜し求めたのです。

第一に「天国」。確かにそこには世俗の罪から開放された聖なる御使いたちが万の幾万倍、千の幾千倍も住んでいます。しかし、彼らは一応に巻き物を開く権利者にはなれません。なぜなら神様の法律である律法で「もし、あなたの兄弟が貧しくなり、その所有地を売ったなら、買い戻しの権利のある親類が来て、兄弟の売ったものを買い戻さなければならない。」(レビ記25:25)と定められた通り、土地を失った兄弟の「親類」でなければ買戻しの権利が認められないからです。土地を失った兄弟はアダム、買戻しの権利ある「親類」はアダムと同じ血筋の肉を持つ人間でなければなりません。ところが御使いは、どんなに力に優れていても霊的存在として造られたため人間アダムの「親類」には決してなれません。有資格の該当者なき天国に失望したヨハネ。

そこで第二に「地上」。使徒ヨハネが気を持ち直して天国の代わりに地上を見ると、そこにもまた無数の人間が確認できましたが、「巻き物を開いて、封印を解くのにふさわしい者」は皆無でした。なぜなら人はすべてすでに売られた罪ある存在。盲人が盲人を手引きできず、奴隷が奴隷をあがなえないように、地に住む人全てがその道を踏み外した罪人でした。「それは、次のように書いてあるとおりです。「義人はいない。ひとりもいない。」(ローマ3:10)

そこで第三に「地の下」を使徒ヨハネが懸命に捜索しました。「買い戻しの権利のあるアダムの親類は誰かいないか?」「地の下」とはどこでしょうか?二つの意味があります。一つは地上のはるか下にある閉ざされた空間の黄泉です。

「悟りのある者はいのちの道を上って行く。これは下にあるよみを離れるためだ。」(箴言15:24)

しかし黄泉もまた天国の御使い同様、すでにこの世の人生を終えた人たちの住居、彼らも霊的存在としてアダムの「親類」には該当しません。ましてや罪を犯して黄泉で滅んだ人々ならば救いの希望も実力もありません。そこでもう一つの「地の下」それは高度な建築技術が発達した実に地下街を始め、地下高速やトンネル、鉄道網、地下室など、今や地の下にさえ住むことができる時代であり、まさに使徒ヨハネから見た未来社会である現代都市です。しかしどんなに人類の文明が発展し進んだ地下都市に住居を設けられる快適な時代になっても罪は親から子へ代々、内側に宿って流れる為、今もこれからもアダムの子孫である我らは「買戻しの権利」あるアダムの「親類」である救い主には慣れないのです!そのため、どんな異端グループも宗教教祖も人を救えないのです。罪が内に宿っているから神様の御前、支払うべき贖いの代価が何もないみじめな存在だからです。まさに聖書の語る通りです。

「たましいの贖いしろは、高価であり、永久にあきらめなくてはならない。」(詩篇49:8)

しかし、涙なき天国で涙なく号泣したヨハネに福音が語られました。

「泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。」

(黙示録5:5)ハレルヤ!ここに人類サイドに大きな希望の光を見ます。「ユダ族から出たしし、ダビデの根」なるイエス・キリストが十字架の上で勝利を得たからです!イエス様がアダムの失敗で失われた全人類と地球を買い戻す為にこの世に来られました。世界が待望した救い主。天も地も待ちわびた唯一の救い主イエス様の到来!しかし、イエス様とて神様の法律なる律法にそむいた行動は一切出来ません。神様の定めと御心に従って行動され、巻き物を開いて、七つの封印を解けるよう命懸けの努力をして条件をクリアーしなければなりませんでした。

そこで救い主の条件。第一に「アダムの親類になること。」このためにこそイエス様はクリスマスの日を境に受肉されたのです。神様が完全な人となって世に来られたのです。罪を犯したアダムも人間。イエス様も人間。ハレルヤ!このことによって第一条件、アダムの「親類」を完全クリアーしました!

「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです。」(ピリピ2:6-8)

救い主の条件。第二に「贖い金が必要です。」失われた地球と全人類を買い戻すには代価を支払わなければなりません。イエス様が支払われた贖い金とは、御自身が十字架で流された血潮でした!これこそが父なる神様の義の基準に達する唯一の価値ある聖なる代価でした。オレゴン州メドフォードクリスチャン医療施設のスタンディシュ・リード博士によるとイエス様の懐妊に関して以下の発見をしました。「女性の卵子そのものには血がなく男性の精子にも血が存在しないのに、それらが輸卵管の中で一緒になると妊娠となり、その血液細胞は父親から来ており、血液型は妊娠の瞬間に決まり、次に胎児の体に母親の血液が入らないよう胎盤で保護されます。」ですから、イエス様が肉の父の影響の全くない処女マリヤから産まれたということはアダムから流れる血も母マリヤの血も一切受けないで産まれたということであり、結果、人間の汚れた罪の血を一滴も受け継ぐことなくお生まれになったということです。イエス様の内には父なる神様の命の血だけが純粋に流れていたのです。だからこそイエス様の血潮は父なる神様に唯一受け入れられる人間の罪に汚されなかった、贖いにふさわしい聖なる代価だったのです!

なぜなら、肉のいのちは血の中にあるからである。わたしはあなたがたのいのちを祭壇の上で贖うために、これをあなたがたに与えた。いのちとして贖いをするのは血である。」(レビ17:11)

救い主の条件。第三に「売買は自由意志で決定される為、犠牲愛が必要でした。」

もし、アダムのように失敗して破産した人が自分と土地をセットに売り飛ばして後、買い戻しの権利ある親類が現れても、売買は自由な意思と判断の元に委ねられていました。ルツ記では死別で夫をなくしたルツが貧しくなってルツと土地もろとも売られることになったとき、一番ルツに近い親類者は買い戻しの権利はあったけれど、自分の利益を考えた上で買い戻しをきっぱり断りました。そのため権利が繰り上げされて二番目にルツに近い親類ボアズがこれらを買い取ることになりました。ボアズは代価を支払って後、ルツの土地を買い取って、ルツを小作人ではなく愛する妻として受け入れました。このような事例のように贖いとは購入者の自由意志にすべてがかかっています。

イエス・キリストは御自身の判断で自由意志のもと、私たちの贖いを選択されたのです!受け入れても受け入れなくてもよかった自由の中で私たちを自発的に受け入れたのです!イエス様は勇気ある決断をされたのです。しかもボアズのケース同様に小作人の労働者ではなく、愛するキリストの妻として私たちを買い取ってくださったのです!ハレルヤ!もう私たちはサタンの支配下ではなく、神様の支配下です。キリストにある自由人です。ここに偉大な犠牲愛があります。なぜなら支払うべき代価があまりに大きかったからです。律法は過酷な十字架の死を要求しました!イエス様は受難を避けることも十分出来たのに、自らの御判断で犠牲愛の道を選択された救い主なのです!イエス様は罪に落ちて売られて無益なものとなっていた過去の汚れた私たちを十字架でいのちを捨ててまでも贖う価値があると判断されたのです。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」

(ヨハネ第一4:10)

こういうわけで今は誰でもイエス様の十字架の死と復活を信じて受け入れるものは魂が救われて贖われます!そして近い将来、もう一つの残された贖いも始まろうとしています。イエス様が支払われた代価とはアダムの失敗ゆえに失われていた全人類だけでなく地球の支配権をも贖う代価です。今からこの土地に対する贖いも始まります。それが全地を神様と我等クリスチャンのものとして勝ち取る最後のイエス・キリストの再臨です!その日は近いです。一度目、イエス・キリストは空中から雲に乗って来られ、すべての聖徒たちを御許に引き上げて、私たちの朽ちる体を朽ちない新しい栄光の体に変化させ、まずは人を贖われます。続いてその7年後にもう一度イエス・キリストは空中から私たちと一緒に地上のオリーブ山に降り立ちます。失われ奪われた全地を贖う為です!その日が来れば異邦人に奪われた地球の土地はすべて神様に帰し、主権は回復され、聖徒らは1000年間、ある者は五つの町、ある者は十の町と相続地を支配権を行使して全面相続できます。千年王国では新しくなった本当にこの地球の土地です。まさに主の待望、地球の贖いです。その後は1000年が満ちると更に優れた都の土地を相続できます。それは大音響のうちに巻き物が巻かれてなくなるようにこの天地が消え去るとき、我ら贖われたクリスチャンは正義の住む永遠の都、天国のエルサレムという名の天国本体に引越しして永遠に祝地を相続できるのです!ハレルヤ!

「イスラエルよ。主を待て。主には恵みがあり、豊かな贖いがある。主は、すべての不義からイスラエルを贖い出される。」(詩篇130:7,8)

天国にはすべて地上の出来事が記録されています。日本軍の占領下にあった韓国でアン・イースクという名の姉妹が天皇と神棚を拝まない為、牧師や伝道者たちと共に投獄されました。その過酷な獄中生活で神様から与えられた慰めは唯一天国の幻でした。姉妹が幻で美しい天国に入ると、その一角には、地上における聖徒たちの生涯の重大な出来事の数々が証拠写真となって記録され、なんと壁一面に張り出されている場所があったそうです。まるで地上の写真家が深く記憶に残っている写真を選んで展示させるギャラリーのようです。そして個々人の一生の行い全てが記録された本もありました。中を開いて見ると人生の長い記録の文章の所々、地上でその人が悔い改めた悪い行いに関してはすべてイエス様の血潮で洗われて、その部分だけ字が薄くなっていたそうです。この幻を切欠に姉妹は強くなり、以後、同胞たちが迫害され、獄中で日本軍の刑務官らに打たれるのを見る度に、こう祈るようになりました。「神様!急いで天使を送って写真を撮って下さい。」やがて、あすがどんな日か、殺されるのはあすか、あさってか、未来が全く見えない獄中生活から奇蹟的に開放され、姉妹は戦後、牧師と結婚して渡米し、一生涯教会で神様にお仕えしました。彼女が作った有名な賛美の歌詞です。

「あすはどんな日か 私は知らぬ 晴れか 嵐か 曇りになるか だけど私は心配しない あすを守られるイエスがおられる。わが主の聖霊 わがうち清め 御国に行くまで 守りたまえや。」アーメン。